【FOR THE】 TRIUMPH トライアンフ総合 72 【RIDE】

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1774RR (ワッチョイ ff64-/G1A [125.174.200.149])2018/11/23(金) 23:10:42.75ID:S+SO79Xd0
!extend:checked:vvvvvv:1000:512
を2行冒頭に書いて下さい(1行分は消えて表示されません)。

トライアンフ http://www.triumph.co.uk
トライアンフ・ジャパン http://www.triumphmotorcycles.jp
正規ディーラー http://www.triumphmotorcycles.jp/%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E5%BA%97/find-a-dealer/
並行輸入(レッドバロン全店) http://www.redbaron.co.jp/buy/foreign/triumph/

二気筒・三気筒・四気筒、新旧問いませんが、あくまで英国紳士的に…。
互いに相容れない部分があっても、他人を不快にさせる攻撃的な書き込みは避けましょう。
購入検討中の方もお気軽にどうぞ。
T100やスラクストンは水冷か空冷かを表記しましょう。

☆ スレの私物化(日記等)・妄想の書き込みを禁止します。 そういったことは個人的なブログやHPに書いてください。
☆ 情報には必ず「ソース」を添えましょう。「一般論」と「持論」の区別は明確に。
☆ 他社製バイクとの比較は原則的に禁止です。比較検討はご自身の脳内で。
☆ トラ車とは関係のない特定ディーラーの事件に関する話題は禁止とします。 適したスレを見つけるか、別スレを立てて、そちらで思う存分展開して下さい。
☆ 荒し・粘着はスルー。 保守にご協力下さい。
☆ おおらかに仲良くのんびり行きましょう。

前スレ
【FOR THE】 TRIUMPH トライアンフ総合 71 【RIDE】
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/motorbike/1537186570/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

2774RR (ワッチョイ ff64-/G1A [125.174.200.149])2018/11/23(金) 23:11:57.13ID:S+SO79Xd0
関連スレ

TRIUMPH TIGER 750、800、900、955、1050、1200■トライアンフ9
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/motorbike/1526355564/

【英国産】Daytona675【3気筒】15台目
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/motorbike/1542503966/

ようやった

4774RR (ワッチョイ bfb3-6HV0 [101.128.131.200])2018/11/23(金) 23:18:20.10ID:BJiaEDql0
20まで埋めようよ

5774RR (ワッチョイ ff64-/G1A [125.174.200.149])2018/11/23(金) 23:20:33.05ID:S+SO79Xd0
即死落ち回避保守。

6774RR (ワッチョイ 835c-89lp [126.25.83.89])2018/11/23(金) 23:24:57.74ID:QcDNMM+k0
>>1
ありがとう知らないおじさん!

7774RR (ワッチョイ bfb3-6HV0 [101.128.131.200])2018/11/23(金) 23:25:38.56ID:BJiaEDql0
協力者求む

8774RR (ワッチョイ 038d-9GuY [222.229.117.159])2018/11/23(金) 23:27:24.88ID:OXZc4ZJR0

9774RR (ワッチョイ 038d-9GuY [222.229.117.159])2018/11/23(金) 23:27:33.31ID:OXZc4ZJR0

10774RR (ワッチョイ 038d-9GuY [222.229.117.159])2018/11/23(金) 23:28:30.91ID:OXZc4ZJR0

11774RR (ワッチョイ 038d-9GuY [222.229.117.159])2018/11/23(金) 23:28:39.22ID:OXZc4ZJR0

12774RR (ワッチョイ ff29-zucz [219.110.68.6])2018/11/23(金) 23:34:46.77ID:ojW6WsKG0

13774RR (ワッチョイ ff29-zucz [219.110.68.6])2018/11/23(金) 23:35:17.59ID:ojW6WsKG0
保守

14774RR (ワッチョイ ff29-zucz [219.110.68.6])2018/11/23(金) 23:35:37.72ID:ojW6WsKG0
保守

15774RR (ワッチョイ bfb3-6HV0 [101.128.131.200])2018/11/23(金) 23:35:57.37ID:BJiaEDql0
あともうちょい!

16774RR (ワッチョイ ff29-zucz [219.110.68.6])2018/11/23(金) 23:36:56.38ID:ojW6WsKG0
保守

17774RR (ワッチョイ ff29-zucz [219.110.68.6])2018/11/23(金) 23:37:29.58ID:ojW6WsKG0
保守

18774RR (ワッチョイ ff29-zucz [219.110.68.6])2018/11/23(金) 23:38:59.74ID:ojW6WsKG0
保守

19774RR (ワッチョイ bfb3-6HV0 [101.128.131.200])2018/11/23(金) 23:40:24.83ID:BJiaEDql0
スピードツイン実車はやく見たいな

20774RR (ワッチョイ ff29-zucz [219.110.68.6])2018/11/23(金) 23:40:26.86ID:ojW6WsKG0
保守

21774RR (ワッチョイ 6ffe-6PMe [119.240.209.111])2018/11/24(土) 00:25:11.97ID:zZb0mFmf0
紳士達カッコイイぜ!

22774RR (ワッチョイ 835c-9dC8 [126.227.156.28])2018/11/24(土) 00:26:26.25ID:wPY7vGIZ0
スレ建て乙

23774RR (オッペケ Sr47-KpHU [126.179.35.12])2018/11/24(土) 08:22:31.44ID:C4+rRNYsr
スレ立て乙
1年経たずにカシメ部分の割れたストトリ用のクラッチワイヤーを進呈しよう

ぬじゃあ俺からはT100空冷の純正タンクキャップ(キーレス)を贈呈

25774RR (スフッ Sd1f-/0cj [49.106.203.103])2018/11/24(土) 14:41:32.71ID:PQ2jETBpd
田舎だけど、初めて自分以外のトライアンフのバイク見たよ

26774RR (オッペケ Sr47-6PMe [126.212.252.251])2018/11/24(土) 15:50:31.69ID:x4sK5w6+r
>>25
自分のトライアンフだった可能性は・・・?

27774RR (スフッ Sd1f-/0cj [49.106.203.103])2018/11/24(土) 17:59:30.51ID:PQ2jETBpd
>>26
ないよ
車種違うし(笑)

28774RR (ワッチョイ 6f32-HX6B [159.28.220.82])2018/11/24(土) 21:57:15.56ID:aD1KVJXD0
今日都内でグリーンのスラクストン?かボバーにシルバーのバブルメット被ってる人見てテンション上がったww
このスレにいるかな笑

29774RR (ワッチョイ e3fe-4vBw [60.239.40.126])2018/11/24(土) 22:27:10.85ID:DlmqHXEX0
都内って範囲広すぎだろ
どこだよ

30774RR (ワッチョイ 2364-HX6B [118.9.198.189])2018/11/24(土) 23:28:44.37ID:fJWDbpd80
>>27
まじめか

31774RR (ワッチョイ 6f32-HX6B [159.28.220.82])2018/11/24(土) 23:42:16.13ID:aD1KVJXD0
>>29
四谷方面に行ってましたね〜(^^)

32774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:37:54.07ID:wqG0ZFBcr
ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使ども
「ヨハネの黙示録」
8:1小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。
8:2それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。
8:3また、別の御使が出てきて、金の香炉 を手に持って祭壇の前に立った。
たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのもので あった。
8:4香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。 8:5御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。8:6そ こで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

【1人目】
8:7第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。
そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が 焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。

33774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:38:29.00ID:wqG0ZFBcr
ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使ども
「ヨハネの黙示録」
8:1小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。
8:2それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。
8:3また、別の御使が出てきて、金の香炉 を手に持って祭壇の前に立った。
たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのもので あった。
8:4香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。 8:5御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。8:6そ こで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

【1人目】
8:7第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。
そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が 焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。

34774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:38:50.14ID:wqG0ZFBcr
ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使ども
「ヨハネの黙示録」
8:1小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。
8:2それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。
8:3また、別の御使が出てきて、金の香炉 を手に持って祭壇の前に立った。
たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのもので あった。
8:4香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。 8:5御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。8:6そ こで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

【1人目】
8:7第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。
そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が 焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。

35774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:39:25.70ID:wqG0ZFBcr
ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使ども
「ヨハネの黙示録」
8:1小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。
8:2それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。
8:3また、別の御使が出てきて、金の香炉 を手に持って祭壇の前に立った。
たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのもので あった。
8:4香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。 8:5御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。8:6そ こで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

【1人目】
8:7第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。
そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が 焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。

36774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:39:52.35ID:wqG0ZFBcr
ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使ども
「ヨハネの黙示録」
8:1小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。
8:2それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。
8:3また、別の御使が出てきて、金の香炉 を手に持って祭壇の前に立った。
たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのもので あった。
8:4香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。 8:5御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。8:6そ こで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

【1人目】
8:7第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。
そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が 焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。

37774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:40:41.71ID:wqG0ZFBcr
ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使ども
「ヨハネの黙示録」
8:1小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。
8:2それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。
8:3また、別の御使が出てきて、金の香炉 を手に持って祭壇の前に立った。
たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのもので あった。
8:4香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。 8:5御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。8:6そ こで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

【1人目】
8:7第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。
そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が 焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。

38774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:41:35.64ID:wqG0ZFBcr
ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使ども
「ヨハネの黙示録」
8:1小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。
8:2それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。
8:3また、別の御使が出てきて、金の香炉 を手に持って祭壇の前に立った。
たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのもので あった。
8:4香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。 8:5御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。8:6そ こで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

【1人目】
8:7第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。
そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が 焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。

39774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:42:01.62ID:wqG0ZFBcr
ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使ども
「ヨハネの黙示録」
8:1小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。
8:2それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。
8:3また、別の御使が出てきて、金の香炉 を手に持って祭壇の前に立った。
たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのもので あった。
8:4香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。 8:5御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。8:6そ こで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

【1人目】
8:7第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。
そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が 焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。

40774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:42:28.69ID:wqG0ZFBcr
ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使ども
「ヨハネの黙示録」
8:1小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。
8:2それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。
8:3また、別の御使が出てきて、金の香炉 を手に持って祭壇の前に立った。
たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのもので あった。
8:4香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。 8:5御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。8:6そ こで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

【1人目】
8:7第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。
そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が 焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。

41774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:43:00.19ID:wqG0ZFBcr
ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使ども
「ヨハネの黙示録」
8:1小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。
8:2それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。
8:3また、別の御使が出てきて、金の香炉 を手に持って祭壇の前に立った。
たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのもので あった。
8:4香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。 8:5御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。8:6そ こで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

【1人目】
8:7第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。
そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が 焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。

42774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:43:50.38ID:wqG0ZFBcr
ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使ども
「ヨハネの黙示録」
8:1小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。
8:2それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。
8:3また、別の御使が出てきて、金の香炉 を手に持って祭壇の前に立った。
たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのもので あった。
8:4香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。 8:5御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。8:6そ こで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

【1人目】
8:7第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。
そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が 焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。
http://iup.2ch-library.com/i/i1952100-1543102607.jpg

43774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:44:45.38ID:wqG0ZFBcr
ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使ども
「ヨハネの黙示録」
8:1小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。
8:2それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。
8:3また、別の御使が出てきて、金の香炉 を手に持って祭壇の前に立った。
たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのもので あった。
8:4香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。 8:5御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。8:6そ こで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

【1人目】
8:7第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。
そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が 焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。
http://iup.2ch-library.com/i/i1952100-1543102607.jpg
http://iup.2ch-library.com/i/i1952100-1543102607.jpg

44774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:45:35.16ID:wqG0ZFBcr
ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使ども
「ヨハネの黙示録」
8:1小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。
8:2それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。
8:3また、別の御使が出てきて、金の香炉 を手に持って祭壇の前に立った。
たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのもので あった。
8:4香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。 8:5御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。8:6そ こで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

【1人目】
8:7第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。
そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が 焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。
http://iup.2ch-library.com/i/i1952100-1543102607.jpg
http://iup.2ch-library.com/i/i1952100-1543102607.jpg

45774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:48:36.42ID:wqG0ZFBcr
ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使ども
「ヨハネの黙示録」
8:1小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。
8:2それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。
8:3また、別の御使が出てきて、金の香炉 を手に持って祭壇の前に立った。
たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのもので あった。
8:4香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。 8:5御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。8:6そ こで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

【1人目】
8:7第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。
そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が 焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。
http://iup.2ch-library.com/i/i1952100-1543102607.jpg
http://iup.2ch-library.com/i/i1952100-1543102607.jpg

46774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:50:04.28ID:wqG0ZFBcr
ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使ども
「ヨハネの黙示録」
8:1小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。
8:2それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。
8:3また、別の御使が出てきて、金の香炉 を手に持って祭壇の前に立った。
たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのもので あった。
8:4香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。 8:5御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。8:6そ こで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

【1人目】
8:7第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。
そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が 焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。
http://iup.2ch-library.com/i/i1952100-1543102607.jpg
http://iup.2ch-library.com/i/i1952100-1543102607.jpg

47774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:51:10.68ID:wqG0ZFBcr
ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使ども
「ヨハネの黙示録」
8:1小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。
8:2それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。
8:3また、別の御使が出てきて、金の香炉 を手に持って祭壇の前に立った。
たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのもので あった。
8:4香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。 8:5御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。8:6そ こで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

【1人目】
8:7第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。
そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が 焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。
http://iup.2ch-library.com/i/i1952100-1543102607.jpg http://iup.2ch-library.com/i/i1952100-1543102607.jpg

48774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:52:27.76ID:wqG0ZFBcr
ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使ども
「ヨハネの黙示録」
8:1小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。
8:2それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。
8:3また、別の御使が出てきて、金の香炉 を手に持って祭壇の前に立った。
たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのもので あった。
8:4香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。 8:5御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。8:6そ こで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

【1人目】
8:7第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。
そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が 焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。
http://iup.2ch-library.com/i/i1952100-1543102607.jpg http://iup.2ch-library.com/i/i1952100-1543102607.jpg http://iup.2ch-library.com/i/i1952100-1543102607.jpg  

49774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:53:17.12ID:wqG0ZFBcr
ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使ども
「ヨハネの黙示録」
8:1小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。
8:2それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。
8:3また、別の御使が出てきて、金の香炉 を手に持って祭壇の前に立った。
たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのもので あった。
8:4香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。 8:5御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。8:6そ こで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

【1人目】
8:7第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。
そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が 焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。
http://iup.2ch-library.com/i/i1952100-1543102607.jpg http://iup.2ch-library.com/i/i1952100-1543102607.jpg http://iup.2ch-library.com/i/i1952100-1543102607.jpg  

50774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:55:58.40ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

51774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:56:33.41ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

52774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:56:59.79ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

53774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:57:35.05ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

54774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:57:57.84ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

55774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:58:24.67ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

56774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 08:58:56.57ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

57774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:02:39.69ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

58774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:03:04.53ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

59774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:03:40.63ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

60774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:03:56.36ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

61774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:04:25.07ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

62774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:04:56.23ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

63774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:05:25.54ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

64774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:05:51.55ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

65774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:06:57.73ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

66774RR (オッペケ Sr47-KpHU [126.179.36.96])2018/11/25(日) 09:07:04.33ID:Keg32Yv2r
IPであぼーんすればいいから手間が省けて助かる

67774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:07:36.79ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

68774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:08:17.41ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

69774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:08:46.95ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

70774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:09:19.95ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

71774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:09:49.20ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

72774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:10:27.24ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

73774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:12:01.33ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

74774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:12:39.96ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

75774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:13:09.14ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

76774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:13:37.63ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

77774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:14:08.50ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

78774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:14:33.40ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

79774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:15:11.05ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

80774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:15:58.28ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

81774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:16:38.14ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

82774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:17:25.69ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

83774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:18:10.87ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

84774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:23:22.07ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

85774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:24:19.37ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

86774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:25:21.16ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

87774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:25:57.86ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

88774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:26:30.71ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

89774RR (ワッチョイ 835c-9dC8 [126.227.156.28])2018/11/25(日) 09:27:49.48ID:bxQKWnZU0
かなしいなぁグライフ

90774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:28:13.94ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

91774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:29:09.49ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

92774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:29:43.30ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

93774RR (ワッチョイ 6ff9-NMzV [159.28.171.95])2018/11/25(日) 09:45:14.15ID:G9y0xAQ80
やっぱりIP有りだとNG登録楽で良いわ

94774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:54:33.08ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

95774RR (ワッチョイ ffd3-A5e6 [27.84.84.225])2018/11/25(日) 09:55:49.78ID:cxmAQ8wO0
ストトリからこっそり[岩陰]_・。)

96774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:56:30.14ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

97774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:57:36.93ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

98774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:58:10.92ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

99774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:58:41.85ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

100774RR (オッペケ Sr47-X0A0 [126.211.36.105])2018/11/25(日) 09:59:54.42ID:wqG0ZFBcr
【2人目】
8:8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一 は血となり、
8:9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

【3人目】
8:10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源 との上に落ちた。
8:11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

【4人目】
8:12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くな り、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

8:13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわい だ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています