読書について語り合いましょう part17

1優しい名無しさん2018/11/24(土) 14:23:12.21ID:QOuARJp8
読書について語り合うスレです。
今読んでる本、以前読んだ本、好きな本、気になってる本や作家、読書の環境など、
色々な話題について、まったりと語り合いましょう。
もちろん、読書に関する独り言や書評なども気軽に書いて下さい。
荒らしがいる為、漫画、児童文学、ジュブナイル、高橋源一郎氏に関する話題は禁止です


※現在のメンヘルサロン板におけるdat落ちの主な条件
【即死判定】
20レスを超えていない場合、1時間レスが書き込まれないとdat落ち
【突然死判定】
24時間レスが書き込まれないとdat落ち

前スレ
読書について語り合いましょう part16
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/mental/1540897680/

299優しい名無しさん2019/01/14(月) 18:38:46.51ID:/iHjvjkH
そう

300優しい名無しさん2019/01/14(月) 19:04:19.50ID:fpgupI06
>>297
読みたいな
(買えない)

301優しい名無しさん2019/01/14(月) 19:27:05.13ID:/iHjvjkH
なんでこんなに高いんだろうね
日本の精神医学会て頭おかしいんじゃないの

302優しい名無しさん2019/01/14(月) 20:06:03.68ID:fpgupI06
>>301
アメリカではどうなんでしょうね

303優しい名無しさん2019/01/14(月) 20:43:56.30ID:uIWK/qVP
>>292
面白かったですよ

304優しい名無しさん2019/01/15(火) 08:58:59.10ID:JLpaN3+C
読書ってしたほうが脳に良い?

305優しい名無しさん2019/01/15(火) 11:05:43.37ID:jIGk8zCC
>>302
日本よりは安い

306優しい名無しさん2019/01/15(火) 13:01:28.13ID:HZY75sQS
>>304
最も効果的な脳トレとは文章の音読、朗読だそうです。

307優しい名無しさん2019/01/15(火) 13:05:55.46ID:HZY75sQS
>>305
そうなんですか
アメリカでも高いのかと思ってた

308優しい名無しさん2019/01/15(火) 13:08:52.76ID:HZY75sQS
「谷川俊太郎詩集」(岩波文庫)を読みました
昔は難解な詩を書いてたんだなとか
昼間からは読めないようなエロい詩とかもあった
下品ではないけど

309優しい名無しさん2019/01/15(火) 17:54:49.88ID:eYciM5+F
中村文則さんの「土の中の子供」は芥川賞を受賞したときにすぐに読みました
お話づくりが巧みだなとは思ったんだけど、知識や知性で作っているという感じがぬぐえなかった
虐待を受けてきた過去のある自分としては、主人公の感情や感覚に違和感が大きかった
(確か選評で村上龍もそういう点を強く否定していた)

作品に共感された方にはごめんなさい
自分という一人の人間とはたまたま合わなかったということかもしれない

執筆当時はまだ二十代だったから、作品づくりとしては芥川賞に値する驚異の技巧だと思います

310優しい名無しさん2019/01/15(火) 22:35:18.11ID:OiRRTDpZ
「死ぬほど読書」(丹羽宇一郎 幻冬社新書)を読みました
こういうビジネス書的な読書論はあまり弱者にやさしくはないですね
読書は仕事にも役に立つらしいが
私の仕事とはあまり縁がない
著者の無欲で正直で仕事に対して真摯な姿には敬服するしかないけれど。

311優しい名無しさん2019/01/15(火) 23:12:04.84ID:Hm7LckHB
>>310
だって伊藤忠商事かどっかの社長だった人だもの
ただ社長さんの中では教養のある方ですよ
上に書いてる「がっちりマンデー」に自慢気に中村天風の本を愛読書にしてた人とは大違いのガチの読書家ですから
中国で日本大使をされてましたね

312優しい名無しさん2019/01/15(火) 23:29:24.66ID:OiRRTDpZ
>>311
昭和14年生まれという世代にはガチの読書家多いでしょうね
世代的にそんな傾向がある

313優しい名無しさん2019/01/15(火) 23:33:18.08ID:Hm7LckHB
>>312
丹羽さんの本を読んだことがあるけど学生運動してたみたい
あの時代の大学生はよく本を読んでる

314優しい名無しさん2019/01/16(水) 10:09:13.21ID:5Hg2Xk3c
ただ丹羽さんはもともとは法律家志望だったようなのでマルクスの「資本論」や西田幾太郎の本は全部は読んでないと「死ぬほど読書」に書いてある

315優しい名無しさん2019/01/16(水) 11:12:02.73ID:FtS1WGgY
>>314
知識人の「全部は」というのは真に受けてはいけない(汗)
良く言えば謙虚、悪く言うと慇懃無礼
それとマルクスと西田幾多郎の本は難解で有名なので知識人でないと読もうとすらしない訳でして・・・
もちろん俺は読んだことない(´・ω・`)

316優しい名無しさん2019/01/16(水) 15:43:45.82ID:fn+U8BLj
磯田道史「日本史の内幕」(中公新書)を読了

317優しい名無しさん2019/01/16(水) 17:24:21.08ID:91u7gICl
>>316
おもしろかったですか?

318優しい名無しさん2019/01/16(水) 18:17:24.20ID:waimrX//
>>317
面白かったですよ
字がでっかいしエッセイ風なので一見中身スカスカに見えるけど、古文書を直に調べて書いておられるので他では読めない内容ばかりです
個人的には磯田さんが岡山出身の名家のためか、岡山市や県に寄贈するために「この古文書を買わねば!」と稀少な古文書を何度も買ってるのが面白い

319優しい名無しさん2019/01/16(水) 19:00:24.70ID:91u7gICl
>>318
私も趣味で古文書の読み方の勉強はしてますがからきしでして
磯田先生くらい読めたらさぞ楽しいだろなと

320優しい名無しさん2019/01/16(水) 21:15:06.37ID:waimrX//
>>319
ですよね
磯田先生も歴史小説の元ネタが活字の為かどれも同じようなになり、つまらないと結構辛口なことを書いてます
歴史作家志望のひとは古文書が読めたら相当有利だけど、そんなに簡単に読めるものではないですよね
勉強してるだけでもすごい

321優しい名無しさん2019/01/16(水) 21:33:01.78ID:waimrX//
古文書の読み方を勉強するのもいいけど、中国語と英語を再勉強して電子書籍で読みたいものだなあ
外国語の本を読むには電子書籍は素晴らしい

322優しい名無しさん2019/01/16(水) 23:24:17.17ID:7eeoH1ma
「メノン」(プラトン 藤沢令夫訳 岩波文庫)を読みました
「想起説」というものは何かを知りたくて
徳は教えることができるのかというメノンの問いからはじまるのですが
ソクラテスか召使いに正方形の面積の求め方をきくと召使いは幾何は学んでいないのに正しく答えを出すことができる
ゆえに新しいことを学ぶということは自分の魂の生前の記憶から引き出しているのだという考え方
ふーむと思いました

323優しい名無しさん2019/01/17(木) 16:19:45.00ID:MjUYXfQi
眠気ざましのコーヒーも飲み過ぎれば不眠の原因になるが
飲むと読書が進むので飲んでいる

324優しい名無しさん2019/01/17(木) 18:13:43.23ID:57F0AZ9T
マルクス・アウレリウス「自省録」(岩波文庫)を読んでる
哲学かと思ったら人生訓なのね
ひたすら親、兄弟や奥さんや周りの人々への感謝の言葉が並ぶ
「毒親ガー」と言ってる人とはやはり格が違う
自分に厳しく周囲への感謝を記すその謙虚さが多分欧米で必読書とされている所以だと思う

325優しい名無しさん2019/01/17(木) 22:29:33.80ID:0TFg86+k
うつ伏せで読書してたら、首が凄まじく痛くなって
病院行ったら椎間板潰れてるってことで注射電気牽引してるんだけど
読書するにはどんな体勢が1番いいのかねぇ

326優しい名無しさん2019/01/18(金) 12:36:58.50ID:3gaEsAHg
>>325
難しい問題ですが
私が思うに椅子に座って読むか座布団に座って読むのがいいと思います

327優しい名無しさん2019/01/18(金) 13:43:35.13ID:ceOi9Puh
結局、勉強の合間に読書をちょこちょこやるのが長続きするという結論に至りました

328優しい名無しさん2019/01/18(金) 16:10:41.80ID:RkiPwIDQ
「多読術」(松岡正剛 ちくまプリマー新書)を読みました
著者の多読ぶりはよくわかったけれど、(自分はこうはなれない)ということがわかるだけ。
そして理科が得意な人はできれば理系の大学に行って欲しいなという身勝手な感想を抱きました。

329優しい名無しさん2019/01/18(金) 18:44:21.73ID:4stFuFC3
>>309
同意

330優しい名無しさん2019/01/18(金) 19:09:59.88ID:fxeWu2eG
DSMの興味のある疾患のところだけ読んだ。
あまり面白さはない。医学的知識があればまた違うのかな。
値段の割には得られるものが少ない気がする。
疾患について詳しい解説があるのかと思ってたが、そうではなくあっても1ページぐらいに要約されていて読み応えがない。
これなら興味のある疾患についての専門書を買った方がまだ有意義だった。

331優しい名無しさん2019/01/18(金) 19:17:50.97ID:RkiPwIDQ
>>330
Amazonのレビューを見ても仕事のため必要だから買ったという人が多いから
疾患についての知識が得られることはいいのだろうけど
自分のことに役立つかどうかは不安で買ってまでは読めないと思ってしまいますね

332優しい名無しさん2019/01/19(土) 03:05:19.39ID:FEs2Hjrd
>>331
あまり買う価値はないかもしれないですね
これとは別の現代臨床精神医学という本の方がまだ有意義です

333優しい名無しさん2019/01/19(土) 07:25:52.46ID:FLjXTK2z
キルケゴールの「死にいたる病」読み終わりました
まずはこの難解な書物を読み終われたことをうれしく思います
まぁ、私の読みは相変わらず浅いのですが、以前は挫折したことを考えれば進歩です
読んでいる間は自分と言う存在の浅さをキルケゴールに嘆かれているような気分でした
彼の言う絶望とは強いて一言でいえば、自己の内面の視界が不明瞭、ということになるでしょうか
この自己は神や永遠性と接続しているわけですが、神も永遠性も望まない私には、
この書物の核心には到達できそうにありません

334優しい名無しさん2019/01/19(土) 07:27:10.66ID:WZDw6Suv
>>332
これまた有意義かもしれないが人を選ぶ一冊みたいですね
お値段も財布に優しくないし
いや、医者は患者をどう見て診断してるのか知りたい、知りたいけど〜、
この値段(苦笑)

335優しい名無しさん2019/01/19(土) 07:37:18.00ID:FLjXTK2z
次はクンデラの「存在の耐えられない軽さ」読みます

336優しい名無しさん2019/01/19(土) 10:48:15.05ID:FEs2Hjrd
>>334
ICD10という本もありますがおそらく日本の精神科医はこちらの方が多く参照してるかもしれませんね
DSMはアメリカ精神医学会の疾病分類なので両者に共通項は多いものの医者がどんな使い分けをしているのかはわかりません
ちなみにICDのほうはDSMより安いです
それでも日本精神医学会を通ると高くなるみたいですが。。

337優しい名無しさん2019/01/19(土) 11:16:55.95ID:mHsC0Mts
>>336
アメリカと日本ではいろいろな点で文化的に違うこともありますしね
ICDというものを教えてくださってありがとうございます

338優しい名無しさん2019/01/19(土) 12:10:07.90ID:FLjXTK2z
「存在の耐えられない軽さ」ミラン・クンデラ
冒頭からいきなり入る永劫回帰の考察・解説はなかなかわかりやすくて良いですね
ただこの小説は、永劫回帰とは別の可能性を示そうと試みるものなのかな?

339優しい名無しさん2019/01/19(土) 14:38:27.66ID:mHsC0Mts
永劫回帰ってどっかで読んだと思ったらニーチェの「この人を見よ」ででした

340優しい名無しさん2019/01/19(土) 17:11:45.60ID:mHsC0Mts
「終点のあの子」(柚木麻子 文春文庫)を読みました
連作短編集で、本のタイトルは最終話の最後まで読むと由来がわかります
女子校の人間関係は独特なので、特に男性が苦手な人でも女子校向きとは言い切れないということがわかります
朱里が「嫌な子」と思えるかそうでなく(……自分とそっくり……)と思うかで読後の感想がまるで違うはずです

341優しい名無しさん2019/01/20(日) 13:22:29.29ID:JDtHPnsW
「ムーミン100冊読書ノート」を読み返して
去年は70冊しか読めなかったんだな、難しい厚めの本を読むのに時間とられたな、と思った

342優しい名無しさん2019/01/20(日) 21:22:02.49ID:JDtHPnsW
スマホでラジオを聴きながら本を読む夜

343優しい名無しさん2019/01/21(月) 11:55:10.14ID:wr9RWXsw
>>341
IDがJD・・・

344優しい名無しさん2019/01/21(月) 12:21:44.33ID:wB1C9q82
>>343
それがどないかしましたか?w

345優しい名無しさん2019/01/21(月) 17:51:59.27ID:1QnBKP1n
「打たれ強くなるための読書術」(東郷雄二 ちくま新書)を読みました
って、これ10年前に読んだ気がするー!
そして読んでも知的に打たれ強くはならなかったー!
「斎藤美奈子の文章には関西の血が流れている」という京都人の上から目線の批評的な部分。
新潟県民にユーモアのセンスがあったら変だとでもいうのか、と変に腹が立った記憶がシンクロして
あ、これ読んで売っ払った本だったんだと気づいて後悔してます
そして教養主義による読書を全否定している段階で私の考えとはもはや相容れないという感じでした

346優しい名無しさん2019/01/21(月) 20:29:16.39ID:1QnBKP1n
無料の電子書籍をダウンロードして読み始めた
字は大きい
でも内容が難しい

347優しい名無しさん2019/01/22(火) 08:35:54.73ID:cILfDBY7
Kindleの字が薄かったのは単にバッテリー不足だっただけだった
ほっとした

348優しい名無しさん2019/01/22(火) 10:30:14.99ID:3KsgA0Tc
メンクリに行くのでその前に街のカフェで読書しようとして
ググったら「安価」と「お手頃」と店によって分かれてた
もちろん「安価」は安いほう
高いとは書けないから「お手頃」なのが面白いw

349優しい名無しさん2019/01/22(火) 14:04:18.47ID:3UessWFH
眼科で目の検査をしてぐったり疲れた
視力も落ちてるし眼圧も高い
視野が少し狭くなってる、というか右目の右下の部分が見えにくくなっているらしい
でも本を読むのはやめない

新着レスの表示
レスを投稿する