長谷川亮太 [無断転載禁止]©2ch.net

1Anonymous2017/04/19(水) 18:20:11.80ID:91Uyq5Ua
てすや

2Anonymous2017/04/19(水) 20:41:59.13ID:cHROpuyg
はい

3Anonymous2019/10/03(木) 16:18:17.35ID:wXzMGtYZ
105 :八神太一 ◆YAGAMI99iU [-だから今、僕はここにいる-]:2011/12/13(火) 22:22:30.22 ID:N8geDx57

ジャイアンの母は、彼の上で腰を振っている。

でっぷりと太った腹は重量に逆らい浮き上がり、その上に豊満な乳が踊っている。

たぷんたぷんと揺れ、腹肉とばちばちと音楽を奏でている。

「た、助け……」

ジャイアンの唇は彼の大口よりもより大きな、母親のそれで覆われた。

むちゅうと音がするほどのそれは、口を開けて食べ、ジャイアンの歯茎の裏までも蹂躙するものだった。

歯にまとわりついている彼本来の唾液は上書きされ、ぺっと吐き出されたそれが、生きるための呼吸の一環として、臓腑に落ちて行った。

どすんどすんと音が響く。

ジャイアンの母の乳房が顔に押し付けられ、黒くすすけたモントゴメリー腺を唇になすりつけている。

背徳感におぼれ、はぁはぁと荒々しく腰を振る姿はまさに強姦といったふうだった。

ジャイアンの目からは光が失われ、さながら稚児のように、ゴムのように硬い乳首を噛むばかりだった。

新着レスの表示
レスを投稿する