【ロリ】かみてゃんリフレ嬢だった【めるプリ】

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1中の人は名無し2019/06/17(月) 21:35:24.93ID:8bknaSbWM

2中の人は名無し2019/06/17(月) 21:47:11.50ID:5vZpPnq80
イッチこれマ?

3中の人は名無し2019/06/17(月) 22:06:49.24ID:8bknaSbWM
ほんとだよ

4中の人は名無し2019/06/18(火) 04:08:37.96ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

5中の人は名無し2019/06/18(火) 04:09:07.82ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

6中の人は名無し2019/06/18(火) 04:09:08.20ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

7中の人は名無し2019/06/18(火) 04:09:26.94ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

8中の人は名無し2019/06/18(火) 04:09:27.39ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

9中の人は名無し2019/06/18(火) 04:09:45.18ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

10中の人は名無し2019/06/18(火) 04:10:01.41ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

11中の人は名無し2019/06/18(火) 04:10:38.27ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

12中の人は名無し2019/06/18(火) 04:10:38.50ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

13中の人は名無し2019/06/18(火) 04:10:56.51ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

14中の人は名無し2019/06/18(火) 04:10:56.83ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

15中の人は名無し2019/06/18(火) 04:11:19.05ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

16中の人は名無し2019/06/18(火) 04:11:19.40ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

17中の人は名無し2019/06/18(火) 04:11:35.17ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

18中の人は名無し2019/06/18(火) 04:11:35.50ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

19中の人は名無し2019/06/18(火) 04:11:54.21ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

20中の人は名無し2019/06/18(火) 04:11:54.56ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

21中の人は名無し2019/06/18(火) 04:12:44.44ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

22中の人は名無し2019/06/18(火) 04:12:44.79ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

23中の人は名無し2019/06/18(火) 04:13:05.27ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

24中の人は名無し2019/06/18(火) 04:13:29.33ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

25中の人は名無し2019/06/18(火) 04:13:49.75ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

26中の人は名無し2019/06/18(火) 04:13:50.15ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

27中の人は名無し2019/06/18(火) 04:14:10.02ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

28中の人は名無し2019/06/18(火) 04:14:10.27ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

29中の人は名無し2019/06/18(火) 04:14:28.65ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

30中の人は名無し2019/06/18(火) 04:14:29.00ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

31中の人は名無し2019/06/18(火) 04:14:47.43ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

32中の人は名無し2019/06/18(火) 04:14:47.81ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

33中の人は名無し2019/06/18(火) 04:15:06.14ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

34中の人は名無し2019/06/18(火) 04:15:06.41ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

35中の人は名無し2019/06/18(火) 04:15:24.14ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

36中の人は名無し2019/06/18(火) 04:15:24.54ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

37中の人は名無し2019/06/18(火) 04:15:45.52ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

38中の人は名無し2019/06/18(火) 04:15:45.80ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

39中の人は名無し2019/06/18(火) 04:16:03.80ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

40中の人は名無し2019/06/18(火) 04:16:04.36ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

41中の人は名無し2019/06/18(火) 04:16:27.86ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

42中の人は名無し2019/06/18(火) 04:16:28.19ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

43中の人は名無し2019/06/18(火) 04:16:52.37ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

44中の人は名無し2019/06/18(火) 04:16:52.64ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

45中の人は名無し2019/06/18(火) 04:17:12.51ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

46中の人は名無し2019/06/18(火) 04:17:12.95ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

47中の人は名無し2019/06/18(火) 04:17:33.50ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

48中の人は名無し2019/06/18(火) 04:17:34.02ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

49中の人は名無し2019/06/18(火) 04:17:52.45ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

50中の人は名無し2019/06/18(火) 04:17:52.87ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

51中の人は名無し2019/06/18(火) 04:18:11.21ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

52中の人は名無し2019/06/18(火) 04:18:11.66ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

53中の人は名無し2019/06/18(火) 04:18:30.67ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

54中の人は名無し2019/06/18(火) 04:18:31.04ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

55中の人は名無し2019/06/18(火) 04:18:49.85ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

56中の人は名無し2019/06/18(火) 04:18:50.25ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

57中の人は名無し2019/06/18(火) 04:19:14.94ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

58中の人は名無し2019/06/18(火) 04:19:15.20ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

59中の人は名無し2019/06/18(火) 04:19:46.60ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

60中の人は名無し2019/06/18(火) 04:19:46.94ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

61中の人は名無し2019/06/18(火) 04:20:16.21ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

62中の人は名無し2019/06/18(火) 04:20:16.49ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

63中の人は名無し2019/06/18(火) 04:20:46.39ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

64中の人は名無し2019/06/18(火) 04:20:46.94ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

65中の人は名無し2019/06/18(火) 04:21:18.07ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

66中の人は名無し2019/06/18(火) 04:21:18.54ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

67中の人は名無し2019/06/18(火) 04:21:46.46ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

68中の人は名無し2019/06/18(火) 04:21:46.73ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

69中の人は名無し2019/06/18(火) 04:22:14.59ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

70中の人は名無し2019/06/18(火) 04:22:14.95ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

71中の人は名無し2019/06/18(火) 04:24:22.79ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

72中の人は名無し2019/06/18(火) 04:24:53.73ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

73中の人は名無し2019/06/18(火) 04:25:25.79ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

74中の人は名無し2019/06/18(火) 04:25:49.26ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

75中の人は名無し2019/06/18(火) 04:26:14.60ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

76中の人は名無し2019/06/18(火) 04:26:14.25ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

77中の人は名無し2019/06/18(火) 04:26:36.60ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

78中の人は名無し2019/06/18(火) 04:26:36.75ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

79中の人は名無し2019/06/18(火) 04:27:02.86ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

80中の人は名無し2019/06/18(火) 04:27:27.70ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

81中の人は名無し2019/06/18(火) 04:28:01.05ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

82中の人は名無し2019/06/18(火) 04:28:25.86ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

83中の人は名無し2019/06/18(火) 04:28:54.09ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

84中の人は名無し2019/06/18(火) 04:29:20.81ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

85中の人は名無し2019/06/18(火) 04:29:53.79ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

86中の人は名無し2019/06/18(火) 04:30:22.03ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

87中の人は名無し2019/06/18(火) 04:30:44.99ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

88中の人は名無し2019/06/18(火) 04:31:06.40ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

89中の人は名無し2019/06/18(火) 04:31:31.66ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

90中の人は名無し2019/06/18(火) 04:31:32.00ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

91中の人は名無し2019/06/18(火) 04:31:57.89ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

92中の人は名無し2019/06/18(火) 04:31:57.53ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

93中の人は名無し2019/06/18(火) 04:32:22.08ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

94中の人は名無し2019/06/18(火) 04:32:22.48ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

95中の人は名無し2019/06/18(火) 04:32:50.45ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

96中の人は名無し2019/06/18(火) 04:32:49.95ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

97中の人は名無し2019/06/18(火) 04:33:16.12ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

98中の人は名無し2019/06/18(火) 04:33:16.69ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

99中の人は名無し2019/06/18(火) 04:33:38.95ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

100中の人は名無し2019/06/18(火) 04:33:39.17ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

101中の人は名無し2019/06/18(火) 04:34:02.04ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

102中の人は名無し2019/06/18(火) 04:34:02.30ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

103中の人は名無し2019/06/18(火) 04:34:24.27ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

104中の人は名無し2019/06/18(火) 04:34:24.52ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

105中の人は名無し2019/06/18(火) 04:34:44.44ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

106中の人は名無し2019/06/18(火) 04:34:44.69ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

107中の人は名無し2019/06/18(火) 04:35:05.22ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

108中の人は名無し2019/06/18(火) 04:35:05.55ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

109中の人は名無し2019/06/18(火) 04:35:25.48ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

110中の人は名無し2019/06/18(火) 04:35:25.87ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

111中の人は名無し2019/06/18(火) 04:35:49.43ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

112中の人は名無し2019/06/18(火) 04:35:49.58ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

113中の人は名無し2019/06/18(火) 04:36:07.94ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

114中の人は名無し2019/06/18(火) 04:36:08.34ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

115中の人は名無し2019/06/18(火) 04:36:27.14ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

116中の人は名無し2019/06/18(火) 04:36:27.42ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

117中の人は名無し2019/06/18(火) 04:36:47.22ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

118中の人は名無し2019/06/18(火) 04:36:47.60ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

119中の人は名無し2019/06/18(火) 04:37:07.49ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

120中の人は名無し2019/06/18(火) 04:37:07.87ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

121中の人は名無し2019/06/18(火) 04:37:28.73ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

122中の人は名無し2019/06/18(火) 04:37:29.11ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

123中の人は名無し2019/06/18(火) 04:37:48.12ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

124中の人は名無し2019/06/18(火) 04:37:48.40ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

125中の人は名無し2019/06/18(火) 04:38:07.36ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

126中の人は名無し2019/06/18(火) 04:38:07.72ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

127中の人は名無し2019/06/18(火) 04:38:29.72ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

128中の人は名無し2019/06/18(火) 04:38:30.05ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

129中の人は名無し2019/06/18(火) 04:38:50.56ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

130中の人は名無し2019/06/18(火) 04:38:51.04ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

131中の人は名無し2019/06/18(火) 04:39:10.08ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

132中の人は名無し2019/06/18(火) 04:39:10.54ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

133中の人は名無し2019/06/18(火) 04:39:29.53ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

134中の人は名無し2019/06/18(火) 04:39:29.85ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

135中の人は名無し2019/06/18(火) 04:39:49.89ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

136中の人は名無し2019/06/18(火) 04:39:50.26ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

137中の人は名無し2019/06/18(火) 04:40:18.32ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

138中の人は名無し2019/06/18(火) 04:40:18.72ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

139中の人は名無し2019/06/18(火) 04:40:39.06ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

140中の人は名無し2019/06/18(火) 04:40:39.55ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

141中の人は名無し2019/06/18(火) 04:41:00.64ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

142中の人は名無し2019/06/18(火) 04:41:01.01ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

143中の人は名無し2019/06/18(火) 04:41:22.34ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

144中の人は名無し2019/06/18(火) 04:41:22.72ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

145中の人は名無し2019/06/18(火) 04:41:41.30ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

146中の人は名無し2019/06/18(火) 04:41:41.68ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

147中の人は名無し2019/06/18(火) 04:42:04.06ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

148中の人は名無し2019/06/18(火) 04:42:24.47ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

149中の人は名無し2019/06/18(火) 04:43:01.20ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

150中の人は名無し2019/06/18(火) 04:43:25.02ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

151中の人は名無し2019/06/18(火) 04:44:03.29ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

152中の人は名無し2019/06/18(火) 04:44:03.77ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

153中の人は名無し2019/06/18(火) 04:44:28.53ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

154中の人は名無し2019/06/18(火) 04:44:28.92ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

155中の人は名無し2019/06/18(火) 04:44:50.30ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

156中の人は名無し2019/06/18(火) 04:44:50.65ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

157中の人は名無し2019/06/18(火) 04:45:10.36ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

158中の人は名無し2019/06/18(火) 04:45:10.75ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

159中の人は名無し2019/06/18(火) 04:45:31.22ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

160中の人は名無し2019/06/18(火) 04:45:31.72ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

161中の人は名無し2019/06/18(火) 04:45:52.99ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

162中の人は名無し2019/06/18(火) 04:45:53.35ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

163中の人は名無し2019/06/18(火) 04:46:14.67ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

164中の人は名無し2019/06/18(火) 04:46:15.15ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

165中の人は名無し2019/06/18(火) 04:46:36.82ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

166中の人は名無し2019/06/18(火) 04:46:37.29ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

167中の人は名無し2019/06/18(火) 04:46:58.54ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

168中の人は名無し2019/06/18(火) 04:46:58.94ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

169中の人は名無し2019/06/18(火) 04:47:18.89ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

170中の人は名無し2019/06/18(火) 04:47:19.25ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

171中の人は名無し2019/06/18(火) 04:47:39.67ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

172中の人は名無し2019/06/18(火) 04:47:40.05ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

173中の人は名無し2019/06/18(火) 04:47:59.76ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

174中の人は名無し2019/06/18(火) 04:48:00.08ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

175中の人は名無し2019/06/18(火) 04:48:22.46ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

176中の人は名無し2019/06/18(火) 04:48:22.87ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

177中の人は名無し2019/06/18(火) 04:48:49.61ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

178中の人は名無し2019/06/18(火) 04:48:50.02ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

179中の人は名無し2019/06/18(火) 04:49:10.94ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

180中の人は名無し2019/06/18(火) 04:49:11.30ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

181中の人は名無し2019/06/18(火) 04:49:33.83ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

182中の人は名無し2019/06/18(火) 04:49:34.19ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

183中の人は名無し2019/06/18(火) 04:49:56.24ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

184中の人は名無し2019/06/18(火) 04:49:56.64ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

185中の人は名無し2019/06/18(火) 04:50:17.87ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

186中の人は名無し2019/06/18(火) 04:50:18.28ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

187中の人は名無し2019/06/18(火) 04:50:40.08ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

188中の人は名無し2019/06/18(火) 04:50:40.58ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

189中の人は名無し2019/06/18(火) 04:51:02.66ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

190中の人は名無し2019/06/18(火) 04:51:03.18ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

191中の人は名無し2019/06/18(火) 04:51:25.08ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

192中の人は名無し2019/06/18(火) 04:51:25.60ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

193中の人は名無し2019/06/18(火) 04:51:51.37ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

194中の人は名無し2019/06/18(火) 04:51:51.80ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

195中の人は名無し2019/06/18(火) 04:52:10.71ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

196中の人は名無し2019/06/18(火) 04:52:11.08ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

197中の人は名無し2019/06/18(火) 04:52:30.36ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

198中の人は名無し2019/06/18(火) 04:52:30.77ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

199中の人は名無し2019/06/18(火) 04:52:51.53ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

200中の人は名無し2019/06/18(火) 04:52:52.04ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

201中の人は名無し2019/06/18(火) 04:53:14.79ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

202中の人は名無し2019/06/18(火) 04:53:15.19ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

203中の人は名無し2019/06/18(火) 04:53:34.33ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

204中の人は名無し2019/06/18(火) 04:53:34.72ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

205中の人は名無し2019/06/18(火) 04:53:54.75ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

206中の人は名無し2019/06/18(火) 04:53:55.17ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

207中の人は名無し2019/06/18(火) 04:54:14.62ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

208中の人は名無し2019/06/18(火) 04:54:15.01ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

209中の人は名無し2019/06/18(火) 04:54:34.29ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

210中の人は名無し2019/06/18(火) 04:54:34.66ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

211中の人は名無し2019/06/18(火) 04:55:00.09ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

212中の人は名無し2019/06/18(火) 04:55:00.37ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

213中の人は名無し2019/06/18(火) 04:55:19.56ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

214中の人は名無し2019/06/18(火) 04:55:19.83ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

215中の人は名無し2019/06/18(火) 04:55:39.58ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

216中の人は名無し2019/06/18(火) 04:55:40.00ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

217中の人は名無し2019/06/18(火) 04:55:59.37ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

218中の人は名無し2019/06/18(火) 04:55:58.98ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

219中の人は名無し2019/06/18(火) 04:56:18.68ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

220中の人は名無し2019/06/18(火) 04:56:19.02ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

221中の人は名無し2019/06/18(火) 04:56:42.16ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

222中の人は名無し2019/06/18(火) 04:57:02.85ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

223中の人は名無し2019/06/18(火) 04:57:31.81ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

224中の人は名無し2019/06/18(火) 04:57:32.09ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

225中の人は名無し2019/06/18(火) 04:57:54.16ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

226中の人は名無し2019/06/18(火) 04:57:53.69ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

227中の人は名無し2019/06/18(火) 04:58:14.16ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

228中の人は名無し2019/06/18(火) 04:58:14.77ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

229中の人は名無し2019/06/18(火) 04:58:35.13ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

230中の人は名無し2019/06/18(火) 04:58:35.51ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

231中の人は名無し2019/06/18(火) 04:59:01.13ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

232中の人は名無し2019/06/18(火) 04:59:01.39ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

233中の人は名無し2019/06/18(火) 04:59:20.57ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

234中の人は名無し2019/06/18(火) 04:59:20.86ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

235中の人は名無し2019/06/18(火) 04:59:41.02ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

236中の人は名無し2019/06/18(火) 04:59:41.42ID:bShUF7is0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による