松岡奈々★1

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1中の人は名無し2017/10/21(土) 18:00:30.08ID:N9TTFgffx
イベントで一度も見た事ない俺氏←

2中の人は名無し2017/10/21(土) 18:07:13.28ID:N9TTFgffx

3中の人は名無し2017/10/21(土) 18:56:15.21ID:IjqBK9gsa
松岡奈々は彼氏持ち。なお、いまでもケンカしている模様。

彼氏→https://twitter.com/kawagoeairlines
(かしお ゆうた)
仕切り屋クソカメコ。

4中の人は名無し2017/10/21(土) 18:57:38.09ID:IjqBK9gsa
ちなみに前スレ→http://itest.5ch.net/krsw/test/read.cgi/cosplayer/1487135632

前スレ埋めてから次に行きましょうね。

5中の人は名無し2017/10/21(土) 19:11:15.85ID:IjqBK9gsa
なお、過去の悪行の数々!

○露出多すぎてアコスタスタッフに常時目をつけられる。アコスタはほぼ出禁。

○露出多すぎてAJの運営に退場を命じられたところ、止めに入ったかしおと運営がガチ喧嘩。

○アコスタの運営スタッフとAJ、ゲームショーは同じ運営。尚、松岡奈々は相変わらず露出の高い衣装で反省の色なし。反省しない典型的露出狂。

○大手主催のニコ生で閲覧者増えず出禁

○ミスYAグラ姫2017落選

○フォロワーを金で買う

○汚れ仕事何でもオッケーの自己顕示欲マックスかまってちゃん

6中の人は名無し2017/10/21(土) 19:17:42.78ID:IjqBK9gsa
前スレから引用すれば、7月に色々あってケンカした後かしおと松岡は別々の道を歩もうとしたが、
松岡が常時かしおを監視を継続、
夏コミでかしおが他の女レイヤー連れてたら
その女レイヤーのボロクソに悪口書いたり、
色々気になっている模様。

しかしかしおが気を聞かせて優しくしたら警察呼ぶとかイベント現場でわざと怒鳴って騒ぎ立てるかまってちゃんの困ったちゃん。

7中の人は名無し2017/10/21(土) 19:27:22.40ID:IjqBK9gsa
ちなみに松岡奈々の悪行の数々と、松岡奈々の風評被害で迷惑したかしおは松岡奈々に多大なる怒りと恨みだけある模様。

しかし松岡奈々はそれを自分への未練と勘違いした典型的痛すぎる女。

8中の人は名無し2017/10/21(土) 21:11:45.09ID:9XUyV/mfa
保育士として必要な知性も教養も、キャラ愛も何もないただのサカリのついた露出狂。
とにかく自分が目立つ事しか考えていない自己顕示欲と承認欲求しかないからあくまで自己出願で目立っても、
公式審判を受けるオーディションの場で歯が立たない事が立証された。

YAグラ姫2017落選があなたへの正当な評価と世論だよ。

9中の人は名無し2017/10/23(月) 10:37:01.48ID:96HY8RO7x
かしおネタは前レスで見飽きたンゴ

10中の人は名無し2017/12/15(金) 22:55:05.36ID:FZBP0uCe0
☆ 私たち日本人の、日本国憲法を改正しましょう。現在、
衆議員と参議院の両院で、改憲議員が3分の2を超えております。
『憲法改正国民投票法』、でググってみてください。国会の発議は
すでに可能です。平和は勝ち取るものです。お願い致します。☆☆

11中の人は名無し2017/12/22(金) 18:15:56.77ID:mpzwlMjpM
一人で192レスかよw

12中の人は名無し2017/12/22(金) 18:24:32.00ID:8G5bmtTPa
松岡の身体の70%は水分で出来ている。

13中の人は名無し2017/12/22(金) 18:32:30.21ID:8G5bmtTPa
松岡修造は熱い男である

14中の人は名無し2017/12/22(金) 19:01:07.72ID:viB7AoVC0
雨音かりんのスレと最後埋めたやつ同じだな

15中の人は名無し2017/12/22(金) 19:13:18.20ID:h182yGaha
かしおは雨音のスレの埋め方真似たって。
自分に都合悪いことも書かれてたから。
ちなみに雨音のスレ埋めたのは
小池ちん(開口レオン)だよ。

雨音とレオンはツーツートレインだから。

16中の人は名無し2017/12/22(金) 19:18:02.24ID:viB7AoVC0
>>15
そうなんだ、ありがとう。雨音かりんはあいつの事金づるぐらいにしか思ってないのにレオンも哀れだね。

17中の人は名無し2017/12/22(金) 19:29:52.44ID:h182yGaha
今頃かしおも発狂してんだろうな。頑張って埋めたスレ埋めたのに。

18中の人は名無し2017/12/22(金) 19:46:45.09ID:us2sfoPy0
そもそも雨音はもう開高レオンとは切れてるよ

19中の人は名無し2017/12/22(金) 19:52:59.95ID:h182yGaha
開口レオンも、雨音スレに色々バレたらまずいことがあったんで、チャンスとばかりにスレごと屠った。
かしおも雨音のスレにまずいことがあったけど、満スレになれば消えることを知って行動に出たってこと。

20中の人は名無し2017/12/22(金) 20:09:50.02ID:8gQqU2gKa
お前等まるで探偵だなぁ
そんな事より松岡茉優がモー娘。に一度加入したの知ってるか?

21中の人は名無し2017/12/22(金) 20:11:52.88ID:8gQqU2gKa
かしおだって実は嵐のオーディション受けて最終選考まで残ったんだぜ

22中の人は名無し2017/12/22(金) 20:13:37.06ID:8gQqU2gKa
松岡に至っては乃木坂46のオーディション書類選考落ちなんだぜ

23中の人は名無し2017/12/22(金) 20:14:55.35ID:8gQqU2gKa
もっとびっくりなのはかしおはゆきりんとは又従兄の関係!

24中の人は名無し2017/12/22(金) 20:17:23.82ID:8gQqU2gKa
そして指原のヘアヌードの依頼を断る漢っぷり!
でもそれは推しのらぶさんに操を立てたからだ

25中の人は名無し2017/12/22(金) 20:21:56.09ID:8gQqU2gKa
もっとびっくりなのはかしおはアドルフヒトラーの遺伝子を組み替えて作られたクローン人間でゆくゆくは第4帝国を率いて第3次スパロボ大戦を引き起こすのはアカシックレコードに記録されている

26中の人は名無し2017/12/22(金) 20:25:10.74ID:8gQqU2gKa
もっとびっくりなのはかしおはアドルフヒトラーの遺伝子を組み替えて作られたクローン人間でゆくゆくは第4帝国を率いて第3次スパロボ大戦を引き起こすのはアカシックレコードに記録されている

27中の人は名無し2017/12/22(金) 20:28:55.83ID:8gQqU2gKa
でも秘密にしてたけどかしおは量産型と指揮官機があって白い機体はシン松岡専用機なんだぜ!
ホワイトオーガー?
そんなんしらん

28中の人は名無し2017/12/22(金) 20:31:48.39ID:8gQqU2gKa
多分私はこれだけかしおの秘密をバラしてしまったから組織から追われる身になってしまったな。
でも実は今のかしおは三人目

29中の人は名無し2017/12/22(金) 20:55:10.29ID:kJ/NatiJa
↑頭沸いてんのがきたw

30中の人は名無し2017/12/22(金) 21:19:38.31ID:3a9rs4Hy0
なんでみんなかしおの事良く知らないんだろ?
実はみんなが知ってるかしおは影武者で本物のかしおはロシアで諜報活動中でプーチンの料理番をしててビーフストロガノフ世界選手権に出場するのは内緒だよ

31中の人は名無し2017/12/22(金) 21:22:30.79ID:3a9rs4Hy0
>>29
今日は冬至だから風呂沸かして柚子湯だよ

32中の人は名無し2017/12/22(金) 21:35:31.43ID:kJ/NatiJa
↑面白いwwww頭おかしいだろ。松岡に絡むやつは頭おかしいわ

33中の人は名無し2017/12/22(金) 21:35:33.41ID:kJ/NatiJa
↑面白いwwww頭おかしいだろ。松岡に絡むやつは頭おかしいわ

34中の人は名無し2017/12/23(土) 22:44:40.59ID:ny+2z16z0
それで結局かしおは松井玲奈のヘアヌード撮影は出来たのだろうか‥
来年はまゆのヘアヌード撮影が控えていると言うのにこんなに叩かれてかわいそう
でもなんでこんなに撮影依頼来るかと言ったらあきもと先生の彼氏だからなんだよ

35中の人は名無し2017/12/23(土) 22:46:51.23ID:ny+2z16z0
かしおは厚さ3ミリの極厚コンドームを使用して避妊には気を使うタイプ

36中の人は名無し2017/12/23(土) 23:09:44.73ID:ny+2z16z0
かしおは地底1000メートルから湧き出る泉のほとりに隠し部屋を持っていてその豊富に湧き出る泉を利用して蘭の栽培を副業にしている。
そしてその泉の水を飲むと寿命が100年伸びる

37中の人は名無し2017/12/28(木) 21:41:25.63ID:aUHXwyKox
松岡のサークルの手伝いさせられる女も可愛そうだな

38中の人は名無し2017/12/28(木) 22:02:13.05ID:ljJPD4/Aa
専用スレあるので以降はそっちで→
http://itest.5ch.net/krsw/test/read.cgi/cosplayer/1514015464

重複してもつまらん

39中の人は名無し2018/09/18(火) 23:01:17.52ID:liN0hylm0
 私たち日本人の、日本国憲法を改正しましょう。
http://u0u1.net/M03L
拡散も含め、よろしくお願い致します。

40中の人は名無し2018/11/24(土) 22:31:06.08ID:r3mMlGwCH
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

41中の人は名無し2018/11/24(土) 22:31:27.17ID:r3mMlGwCH
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

42中の人は名無し2018/11/24(土) 22:31:47.09ID:r3mMlGwCH
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

43中の人は名無し2018/12/06(木) 01:13:40.19ID:DD83SmW8d
☆ 日本人の、婚姻数と出生数を増やしましょう。☆
https://imgur.com/pRuVY3n.jpg

44中の人は名無し2018/12/08(土) 08:15:16.82ID:XcJ1NiYP0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

45中の人は名無し2018/12/08(土) 08:15:33.02ID:XcJ1NiYP0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

46中の人は名無し2018/12/19(水) 20:08:31.84ID:+vVl3beL0
かしおは海より山派だけど川で溺れたから川は嫌い

47中の人は名無し2018/12/19(水) 21:08:29.89ID:fDVHkweM0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

48中の人は名無し2018/12/20(木) 18:34:00.34ID:YB1vajz/a
>>46
かしおと愉快な仲間たち

49中の人は名無し2018/12/20(木) 22:46:55.24ID:urkhwNLZH
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

50中の人は名無し2018/12/20(木) 22:47:13.89ID:urkhwNLZH
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

51中の人は名無し2018/12/20(木) 22:47:29.14ID:urkhwNLZH
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

52中の人は名無し2018/12/20(木) 22:48:09.64ID:urkhwNLZH
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

53中の人は名無し2018/12/20(木) 22:48:24.93ID:urkhwNLZH
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

54中の人は名無し2018/12/20(木) 22:48:45.75ID:urkhwNLZH
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

55中の人は名無し2018/12/20(木) 22:49:00.30ID:urkhwNLZH
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

56中の人は名無し2018/12/20(木) 22:49:49.62ID:urkhwNLZH
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

57中の人は名無し2018/12/20(木) 22:50:06.03ID:urkhwNLZH
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

58中の人は名無し2018/12/20(木) 22:50:20.39ID:urkhwNLZH
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

59中の人は名無し2018/12/20(木) 22:50:36.23ID:urkhwNLZH
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

60中の人は名無し2018/12/20(木) 22:50:57.72ID:urkhwNLZH
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

61中の人は名無し2018/12/22(土) 20:23:24.97ID:ppyyWbcn0
− 2018年 年間MVP −

【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】@kawagoeairlines @mayukiehiro4989 ローアン盗撮、セクハラ、付きまとい、暴言
そして自分に不利な書き込みがあると自演や話題逸しでリストから消そうとする。名誉毀損と警察に駆け込むのが得意。2017年アニメジャパン
で松岡奈々のローアン囲みをスタッフに注意され逆切れ、同じ運営がスタッフを務めるゲームショウで撮影制限されるきっかけになった。
さらに「ハイエースを企む」という言葉でかみてゃん(レイヤー)を恐怖に落としめたり、小鳥遊姫に対するリベンジポルノなどトラブル多し


★★★★★ランク
【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】悪行多数、専スレ参照


− 現在書込みできる かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)さんの専スレ −

カメコ☆ブラックリスト☆ファイル50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/4
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/15
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/88-90
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/l50

ホワイトカメラマンかしおさん。
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1526812315/l50

悪質カメコ冤罪事件:ID:PU2AzBVI
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1522558869/l50

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤーw
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1487135632/96-97

※ほかの板も含めて、モレがあったら、どんどん加筆してください。


.

62中の人は名無し2018/12/22(土) 21:46:47.11ID:1h37DxL00
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

63中の人は名無し2018/12/22(土) 21:47:15.46ID:1h37DxL00
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50
 
 

64中の人は名無し2019/01/04(金) 03:33:24.56ID:x5tg/2uu0
− 2018年 年間MVP −

【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】@kawagoeairlines @mayukiehiro4989 ローアン盗撮、セクハラ、付きまとい、暴言
そして自分に不利な書き込みがあると自演や話題逸しでリストから消そうとする。名誉毀損と警察に駆け込むのが得意。2017年アニメジャパン
で松岡奈々のローアン囲みをスタッフに注意され逆切れ、同じ運営がスタッフを務めるゲームショウで撮影制限されるきっかけになった。
さらに「ハイエースを企む」という言葉でかみてゃん(レイヤー)を恐怖に落としめたり、小鳥遊姫に対するリベンジポルノなどトラブル多し


★★★★★ランク
【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】悪行多数、専スレ参照


− 現在書込みできる かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)さんの専スレ −


カメコ☆ブラックリスト☆ファイル51
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1546454998/l50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1546454998/5
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1546454998/17

カメコ☆ブラックリスト☆ファイル50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/4
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/15
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/88-90

ホワイトカメラマンかしおさん。
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1526812315/l50

悪質カメコ冤罪事件:ID:PU2AzBVI
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1522558869/l50

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺 PART2(←馬鹿塩が立てた自演用スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1546339630/l50

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤーw
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1487135632/96-97

※ほかの板も含めて、モレがあったら、どんどん加筆してください。


.

65中の人は名無し2019/01/05(土) 10:43:49.43ID:TGcus5q70
キチガイ馬鹿塩の被害が増加中

66中の人は名無し2019/01/06(日) 19:25:47.06ID:Alaq3b92M
837中の人は名無し2018/11/17(土) 00:20:25.49ID:eUqVhJihM
96中の人は名無し2017/07/02(日) 03:57:22.82ID:gDArosEMa
俺は明日撮影会の松岡奈々を殺しに行きます。
これで楽になれます。死んでも一緒だよ

97中の人は名無し2017/07/02(日) 04:05:11.62ID:gDArosEMa
酷いことも言ったけれど。本当は好きなんだよ。
大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き
大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き
誰にも渡さないよ誰にも渡さないよ誰にも渡さないよ誰にも渡さないよ
誰にも渡さないよ誰にも渡さないよ誰にも渡さないよ…。



↑松岡奈々に対して書いた文体が最近のかしおの文体と一緒www


↓   ↓   ↓   ↓

徳大寺明.Teamかみてゃん推し
‏@kawagoeairlines
返信先: @kami_teyaさん
大丈夫だよ🎵かみてゃんをいっぱい愛してあげるよ★
かみてゃん大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き
渡さないよ 大好き大好き大好き渡さないよ渡さないよ渡さないよ
渡さないよ渡さないよ渡さないよ……(誰に?)
我ながらキモいw
2018年10月23日

67中の人は名無し2019/01/06(日) 19:27:42.21ID:Alaq3b92M
838中の人は名無し2018/11/17(土) 00:22:30.18ID:eUqVhJihM
2 :加塩 雄太:2017/07/26(水) 20:56:10.00 HOST:210.160.37.171<8080><3128><8000><1080>[210.160.37.171]
削除対象アドレス:
http://krsw.2ch.net/...layer/1487135632/l50
削除理由・詳細・その他:
理由が3つあります
?削除依頼を出している私、加塩雄太は松岡奈々と交際していません。
元々は仲の良い友達です。しかし、スレ全般に渡って事実無根の交際、
自殺未遂、セックス等々事実無根を書かれて困っています。
これは本人も非常に迷惑しています。この書き込みにより交友関係も破綻して
迷惑しています。
?スレッドの96.97
上記の犯行予告は警察署にて立件され、実際に千葉県警、埼玉県警が動いています。
このような殺害予告はいつまでも残すと危険であり、早急に削除をお願いします。

68中の人は名無し2019/01/08(火) 08:18:38.79ID:0rXo2WDR0
− 2018年 ブラックリスト年間MVP −

【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】@kawagoeairlines @mayukiehiro4989 ローアン盗撮、セクハラ、付きまとい、暴言
そして自分に不利な書き込みがあると自演や話題逸しでリストから消そうとする。名誉毀損と警察に駆け込むのが得意。2017年アニメジャパン
で松岡奈々のローアン囲みをスタッフに注意され逆切れ、同じ運営がスタッフを務めるゲームショウで撮影制限されるきっかけになった。
さらに「ハイエースを企む」という言葉でかみてゃん(レイヤー)を恐怖に落としめたり、小鳥遊姫に対するリベンジポルノなどトラブル多し


★★★★★ランク
【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】悪行多数、専スレ参照


− 現在書込みできる かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)さんの専スレ −


カメコ☆ブラックリスト☆ファイル51
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1546454998/l50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1546454998/5
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1546454998/17

カメコ☆ブラックリスト☆ファイル50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/4
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/15
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/88-90

ホワイトカメラマンかしおさん。
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1526812315/l50

悪質カメコ冤罪事件:ID:PU2AzBVI
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1522558869/l50

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺 PART2(←馬鹿塩が立てた自演用スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1546339630/l50
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1546873931/l50

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤー(←松岡奈々の本スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤーw(←馬鹿塩の犯罪歴)
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1487135632/96-97

※ほかの板も含めて、モレがあったら、どんどん加筆してください。


.

69中の人は名無し2019/01/09(水) 09:14:35.57ID:ea+tSMm20
馬鹿塩はストーカー変質者

70中の人は名無し2019/01/10(木) 14:23:01.18ID:bxAqrp780
ゼビオ、企業に出向いて足型測定 スニーカー通勤にらむ

71中の人は名無し2019/01/12(土) 23:27:37.64ID:V0xaoUl9H
自己愛性パーソナリティ障害(Narcissistic personality disorder)とは
キチガイ変質者であり、なおかつ迷惑ストーカーの馬鹿塩が、
ありのままの自分を愛することができず、自分は優れていて素晴らしく
特別で偉大な存在だと思い込むパーソナリティ障害の一種である。

72中の人は名無し2019/01/19(土) 21:23:51.09ID:Lw2q+bro0
■ 本スレ ■

松岡奈々とかいうコスプレイヤー
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50

73中の人は名無し2019/01/19(土) 21:24:34.88ID:Lw2q+bro0
■ 本スレ ■

松岡奈々とかいうコスプレイヤー
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/84-

74中の人は名無し2019/01/20(日) 00:43:38.92ID:HSgSlg2/0
《超悪質!盗聴盗撮・つきまとい嫌がらせ犯罪首謀者の実名と住所/死ねっ!! 悪魔井口・千明っ!!》
【要注意!! 盗聴盗撮・つきまとい嫌がらせ犯罪工作員】
◎井口・千明(東京都葛飾区青戸6−23−16)
※盗聴盗撮・嫌がらせつきまとい犯罪者のリーダー的存在/犯罪組織の一員で様々な犯罪行為に手を染めている
 低学歴で醜いほどの学歴コンプレックスの塊/超変態で食糞愛好家である/醜悪で不気味な顔つきが特徴的である

【超悪質!盗聴盗撮・嫌がらせつきまとい犯罪者の実名と住所/井口・千明の子分たち】
@宇野壽倫(東京都葛飾区青戸6−23−21ハイツニュー青戸202)
※色黒で醜く太っている醜悪黒豚宇野壽倫/低学歴で人間性が醜いだけでなく今後の人生でもう二度と女とセックスをすることができないほど容姿が醜悪である
 宇野壽倫は過去に生活保護を不正に受給していた犯罪者です/どんどん警察や役所に通報・密告してやってください
A色川高志(東京都葛飾区青戸6−23−21ハイツニュー青戸103)
※色川高志は現在まさに、生活保護を不正に受給している犯罪者です/どんどん警察や役所に通報・密告してやってください

【通報先】
◎葛飾区福祉事務所(西生活課)
〒124−8555
東京都葛飾区立石5−13−1
рO3−3695−1111

B清水(東京都葛飾区青戸6−23−19)
※低学歴脱糞老女:清水婆婆 ☆☆低学歴脱糞老女・清水婆婆は高学歴家系を一方的に憎悪している☆☆
 清水婆婆はコンプレックスの塊でとにかく底意地が悪い/醜悪な形相で嫌がらせを楽しんでいるまさに悪魔のような老婆である
C高添・沼田(東京都葛飾区青戸6−26−6)
※犯罪首謀者井口・千明の子分/いつも逆らえずに言いなりになっている金魚のフン/親子孫一族そろって低能
D高橋(東京都葛飾区青戸6−23−23)
E長木義明(東京都葛飾区青戸6−23−20)
F若林豆腐店店主(東京都葛飾区青戸2−9−14)
G肉の津南青戸店店主(東京都葛飾区青戸6−35ー2

75中の人は名無し2019/01/21(月) 20:15:43.05ID:wxtbA8l40
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

76中の人は名無し2019/01/21(月) 20:15:57.99ID:wxtbA8l40
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

77中の人は名無し2019/01/21(月) 20:16:45.70ID:wxtbA8l40
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

78中の人は名無し2019/01/21(月) 20:17:10.39ID:wxtbA8l40
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

79中の人は名無し2019/01/21(月) 20:17:26.67ID:wxtbA8l40
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

80中の人は名無し2019/01/21(月) 20:17:47.01ID:wxtbA8l40
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

81中の人は名無し2019/02/02(土) 16:51:42.86ID:N5JGsfcG00202
− 2018年 ブラックリスト年間MVP −

【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】@kawagoeairlines @mayukiehiro4989 ローアン盗撮、セクハラ、付きまとい、暴言
そして自分に不利な書き込みがあると自演や話題逸しでリストから消そうとする。名誉毀損と警察に駆け込むのが得意。2017年アニメジャパン
で松岡奈々のローアン囲みをスタッフに注意され逆切れ、同じ運営がスタッフを務めるゲームショウで撮影制限されるきっかけになった。
さらに「ハイエースを企む」という言葉でかみてゃん(レイヤー)を恐怖に落としめたり、小鳥遊姫に対するリベンジポルノなどトラブル多し


★★★★★ランク
【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】悪行多数、専スレ参照


− 現在書込みできる かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)さんの専スレ −


カメコ☆ブラックリスト☆ファイル52
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1548700329/l50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1548700329/11
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1548700329/14
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1548700329/18

カメコ☆ブラックリスト☆ファイル51
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1546454998/5
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1546454998/17

カメコ☆ブラックリスト☆ファイル50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/4
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/15
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/88-90

ホワイトカメラマンかしおさん。
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1526812315/l50

悪質カメコ冤罪事件:ID:PU2AzBVI
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1522558869/l50

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺 PART2(←馬鹿塩が立てた自演用スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1546339630/l50
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1546873931/l50

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤー(←松岡奈々の本スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤーw(←馬鹿塩の犯罪歴)
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1487135632/96-97

※ほかの板も含めて、モレがあったら、どんどん加筆してください。


.

82中の人は名無し2019/02/20(水) 16:41:58.79ID:4Fy0410A0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

83中の人は名無し2019/02/20(水) 17:26:08.78ID:4Fy0410A0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

84中の人は名無し2019/02/20(水) 17:26:31.96ID:4Fy0410A0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

85中の人は名無し2019/02/20(水) 17:27:08.00ID:4Fy0410A0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

86中の人は名無し2019/02/20(水) 17:27:24.72ID:4Fy0410A0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

87中の人は名無し2019/02/20(水) 17:27:42.81ID:4Fy0410A0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

88中の人は名無し2019/02/20(水) 17:28:03.58ID:4Fy0410A0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

89中の人は名無し2019/02/20(水) 17:28:19.56ID:4Fy0410A0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

90中の人は名無し2019/02/20(水) 17:28:58.55ID:4Fy0410A0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

91中の人は名無し2019/02/20(水) 19:24:44.01ID:9B9j3ulf0
− 2018年 ブラックリスト年間MVP −

【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】@kawagoeairlines @mayukiehiro4989 ローアン盗撮、セクハラ、付きまとい、暴言
そして自分に不利な書き込みがあると自演や話題逸しでリストから消そうとする。名誉毀損と警察に駆け込むのが得意。2017年アニメジャパン
で松岡奈々のローアン囲みをスタッフに注意され逆切れ、同じ運営がスタッフを務めるゲームショウで撮影制限されるきっかけになった。
さらに「ハイエースを企む」という言葉でかみてゃん(レイヤー)を恐怖に落としめたり、小鳥遊姫に対するリベンジポルノ、松岡奈々への殺害予告、
その他、一条鞠乃、小湊れいあ、ゼラチン、姫宮バンビ、ユリコタイガーなどとトラブルを起こす


★★★★★ランク
【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】悪行多数、専スレ参照


− 現在書込みできる かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)さんの専スレ −


カメコ☆ブラックリスト☆ファイル52
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1548700329/l50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1548700329/11
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1548700329/14
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1548700329/18

カメコ☆ブラックリスト☆ファイル51
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1546454998/5
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1546454998/17

カメコ☆ブラックリスト☆ファイル50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/4
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/15
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/88-90

ホワイトカメラマンかしおさん。
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1526812315/l50

悪質カメコ冤罪事件:ID:PU2AzBVI
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1522558869/l50

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺 PART2(←馬鹿塩が立てた自演用スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1546339630/l50
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1546873931/l50

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤー(←松岡奈々の本スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤーw(←馬鹿塩の犯罪歴)
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1487135632/96-97

※ほかの板も含めて、モレがあったら、どんどん加筆してください。


.

92中の人は名無し2019/02/20(水) 20:29:59.82ID:ornjpAlW0

93中の人は名無し2019/02/21(木) 14:04:42.83ID:0nH2FIDi0

94中の人は名無し2019/02/22(金) 23:33:02.51ID:unjR+r3V0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

95中の人は名無し2019/02/22(金) 23:33:20.24ID:unjR+r3V0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

96中の人は名無し2019/02/22(金) 23:33:33.03ID:unjR+r3V0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

97中の人は名無し2019/02/22(金) 23:34:05.70ID:unjR+r3V0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

98中の人は名無し2019/02/22(金) 23:34:22.29ID:unjR+r3V0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

99中の人は名無し2019/02/25(月) 23:42:53.65ID:yKGEdUrh0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

100中の人は名無し2019/02/25(月) 23:43:14.82ID:yKGEdUrh0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

101中の人は名無し2019/02/27(水) 20:31:00.28ID:Fl1S2cj90
− 2018年 ブラックリスト年間MVP −

【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】@kawagoeairlines @mayukiehiro4989 ローアン盗撮、セクハラ、付きまとい、暴言
そして自分に不利な書き込みがあると自演や話題逸しでリストから消そうとする。名誉毀損と警察に駆け込むのが得意。2017年アニメジャパン
で松岡奈々のローアン囲みをスタッフに注意され逆切れ、同じ運営がスタッフを務めるゲームショウで撮影制限されるきっかけになった。
さらに「ハイエースを企む」という言葉でかみてゃん(レイヤー)を恐怖に落としめたり、小鳥遊姫に対するリベンジポルノ、松岡奈々への殺害予告、
その他、一条鞠乃、小湊れいあ、ゼラチン、姫宮バンビ、ユリコタイガーなどとトラブルを起こす


★★★★★ランク
【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】悪行多数、専スレ参照


− 現在書込みできる かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)さんの専スレ −


カメコ☆ブラックリスト☆ファイル53
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1551259982/l50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1551259982/4
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1551259982/10
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1551259982/17

カメコ☆ブラックリスト☆ファイル50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/88-90

ホワイトカメラマンかしおさん。
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1526812315/l50

悪質カメコ冤罪事件:ID:PU2AzBVI
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1522558869/l50

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺 PART2(←馬鹿塩が立てた自演用スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1546339630/l50
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1546873931/l50

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤー(←松岡奈々の本スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤーw(←馬鹿塩の犯罪歴)
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1487135632/96-97

※ほかの板も含めて、モレがあったら、どんどん加筆してください。




.

102中の人は名無し2019/03/06(水) 20:29:55.50ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

103中の人は名無し2019/03/06(水) 20:31:09.08ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

104中の人は名無し2019/03/06(水) 20:31:25.72ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

105中の人は名無し2019/03/06(水) 20:31:40.66ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

106中の人は名無し2019/03/06(水) 20:31:55.59ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

107中の人は名無し2019/03/06(水) 20:32:08.62ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

108中の人は名無し2019/03/06(水) 20:32:24.03ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

109中の人は名無し2019/03/06(水) 20:32:40.34ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

110中の人は名無し2019/03/06(水) 20:32:56.42ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

111中の人は名無し2019/03/06(水) 20:33:14.47ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

112中の人は名無し2019/03/06(水) 20:33:29.68ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

113中の人は名無し2019/03/06(水) 20:33:48.21ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

114中の人は名無し2019/03/06(水) 20:34:03.74ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

115中の人は名無し2019/03/06(水) 20:34:20.88ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

116中の人は名無し2019/03/06(水) 20:34:37.78ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

117中の人は名無し2019/03/06(水) 20:34:52.76ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

118中の人は名無し2019/03/06(水) 20:35:17.38ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

119中の人は名無し2019/03/06(水) 20:35:33.32ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

120中の人は名無し2019/03/06(水) 20:35:49.14ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

121中の人は名無し2019/03/06(水) 20:36:09.31ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

122中の人は名無し2019/03/06(水) 20:36:25.11ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

123中の人は名無し2019/03/06(水) 20:36:42.79ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

124中の人は名無し2019/03/06(水) 20:37:04.32ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

125中の人は名無し2019/03/06(水) 20:37:21.49ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

126中の人は名無し2019/03/06(水) 20:37:40.91ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

127中の人は名無し2019/03/06(水) 20:38:01.02ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

128中の人は名無し2019/03/06(水) 20:38:20.45ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

129中の人は名無し2019/03/06(水) 20:38:45.69ID:XBxs9Wl60
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

130中の人は名無し2019/03/06(水) 22:06:57.51ID:TUf/N2/HH
− 2018年 ブラックリスト年間MVP −

【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】@kawagoeairlines @mayukiehiro4989 ローアン盗撮、セクハラ、付きまとい、暴言
そして自分に不利な書き込みがあると自演や話題逸しでリストから消そうとする。名誉毀損と警察に駆け込むのが得意。2017年アニメジャパン
で松岡奈々のローアン囲みをスタッフに注意され逆切れ、同じ運営がスタッフを務めるゲームショウで撮影制限されるきっかけになった。
さらに「ハイエースを企む」という言葉でかみてゃん(レイヤー)を恐怖に落としめたり、小鳥遊姫に対するリベンジポルノ、松岡奈々への殺害予告、
その他、一条鞠乃、小湊れいあ、ゼラチン、姫宮バンビ、ユリコタイガーなどとトラブルを起こす

★★★★★ランク
【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】悪行多数、専スレ参照


− 現在書込みできる かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)さんの専スレ −

カメコ☆ブラックリスト☆ファイル53
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1551259982/l50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1551259982/4
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1551259982/10
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1551259982/17

カメコ☆ブラックリスト☆ファイル50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/88-90

ホワイトカメラマンかしおさん。
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1526812315/l50

悪質カメコ冤罪事件:ID:PU2AzBVI
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1522558869/l50

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺 PART2(←馬鹿塩が立てた自演用スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1546339630/l50
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1546873931/l50

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤー(←松岡奈々の本スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤーw(←馬鹿塩の犯罪歴)
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1487135632/96-97

※ほかの板も含めて、モレがあったら、どんどん加筆してください。


.

131中の人は名無し2019/03/10(日) 08:01:42.54ID:9yeD/9xS0
松岡奈々
https://i.imgur.com/afaJNPM.jpg
松岡奈々さんの騎乗位で僕の臭くて汚いち〇こを逝かせてください

132中の人は名無し2019/03/10(日) 20:34:51.95ID:fMNny/2mH
【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】@kawagoeairlines @mayukiehiro4989 ローアン盗撮、セクハラ、付きまとい、暴言
そして自分に不利な書き込みがあると自演や話題逸しでリストから消そうとする。名誉毀損と警察に駆け込むのが得意。2017年アニメジャパン
で松岡奈々のローアン囲みをスタッフに注意され逆切れ、同じ運営がスタッフを務めるゲームショウで撮影制限されるきっかけになった。
さらに「ハイエースを企む」という言葉でかみてゃん(レイヤー)を恐怖に落としめたり、小鳥遊姫に対するリベンジポルノ、松岡奈々への殺害予告、
その他、一条鞠乃、小湊れいあ、ゼラチン、姫宮バンビ、ユリコタイガーなどとトラブルを起こす

133中の人は名無し2019/03/11(月) 22:43:59.53ID:CEgcPSdF0
この人いちいち陰キャとかネガティブな事言わなくていいのに

134中の人は名無し2019/03/12(火) 02:45:54.86ID:DDQZfeUC0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

135中の人は名無し2019/03/12(火) 02:46:09.94ID:DDQZfeUC0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

136中の人は名無し2019/03/12(火) 02:46:24.65ID:DDQZfeUC0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

137中の人は名無し2019/03/12(火) 02:46:56.76ID:DDQZfeUC0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

138中の人は名無し2019/03/12(火) 02:47:11.82ID:DDQZfeUC0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

139中の人は名無し2019/03/12(火) 02:48:21.99ID:DDQZfeUC0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

140中の人は名無し2019/03/12(火) 02:48:58.84ID:DDQZfeUC0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

141中の人は名無し2019/03/12(火) 02:49:16.70ID:DDQZfeUC0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

142中の人は名無し2019/03/12(火) 02:49:30.51ID:DDQZfeUC0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

143中の人は名無し2019/03/12(火) 02:49:49.78ID:DDQZfeUC0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

144中の人は名無し2019/03/12(火) 02:50:03.16ID:DDQZfeUC0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

145中の人は名無し2019/03/12(火) 02:50:18.93ID:DDQZfeUC0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

146中の人は名無し2019/03/12(火) 02:50:33.38ID:DDQZfeUC0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

147中の人は名無し2019/03/12(火) 02:50:51.46ID:DDQZfeUC0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

148中の人は名無し2019/03/12(火) 02:51:09.46ID:DDQZfeUC0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

149中の人は名無し2019/03/12(火) 02:51:39.94ID:DDQZfeUC0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

150中の人は名無し2019/03/12(火) 02:51:59.41ID:DDQZfeUC0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

151中の人は名無し2019/03/12(火) 07:57:32.12ID:R5uwWUm+0
− 2018年 ブラックリスト年間MVP −

【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】@kawagoeairlines @mayukiehiro4989 ローアン盗撮、セクハラ、付きまとい、暴言
そして自分に不利な書き込みがあると自演や話題逸しでリストから消そうとする。名誉毀損と警察に駆け込むのが得意。2017年アニメジャパン
で松岡奈々のローアン囲みをスタッフに注意され逆切れ、同じ運営がスタッフを務めるゲームショウで撮影制限されるきっかけになった。
さらに「ハイエースを企む」という言葉でかみてゃん(レイヤー)を恐怖に落としめたり、小鳥遊姫に対するリベンジポルノ、松岡奈々への殺害予告、
その他、一条鞠乃、小湊れいあ、ゼラチン、姫宮バンビ、ユリコタイガーなどとトラブルを起こす

★★★★★ランク
【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】悪行多数、専スレ参照


− 現在書込みできる かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)さんの専スレ −

カメコ☆ブラックリスト☆ファイル53
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1551259982/l50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1551259982/4
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1551259982/10
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1551259982/17

カメコ☆ブラックリスト☆ファイル50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/88-90

ホワイトカメラマンかしおさん。
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1526812315/l50

悪質カメコ冤罪事件:ID:PU2AzBVI
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1522558869/l50

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺 PART2(←馬鹿塩が立てた自演用スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1546339630/l50
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1546873931/l50

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤー(←松岡奈々の本スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤーw(←馬鹿塩の犯罪歴)
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1487135632/96-97

※ほかの板も含めて、モレがあったら、どんどん加筆してください。


.

152中の人は名無し2019/04/02(火) 17:35:17.93ID:O8QX+VXM0
あ〜松岡奈々さ〜ん 松岡奈々さ〜んシコシコシコシコシコシコシコシコ
https://i.imgur.com/wQVbHmC.jpg
オナホではなく松岡奈々さんのま〇こに挿れたい・・・
https://i.imgur.com/xvfX0cm.jpg
松岡奈々さ〜んハァハァハァハァ 松岡奈々さ〜ん 出すぞーぉ! 出る! 奈々さ〜ん 
奈々、奈々、奈々、奈々さ〜ん
あ〜、イク、イク、イク、イク、イクッ!!
あっ!出るッ! あ、あ、あっ!
ドピュッ ドクドク

153中の人は名無し2019/04/03(水) 05:03:41.30ID:DnH50G9W0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

154中の人は名無し2019/04/03(水) 05:04:08.31ID:DnH50G9W0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

155中の人は名無し2019/04/03(水) 05:04:21.98ID:DnH50G9W0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

156中の人は名無し2019/04/03(水) 05:04:36.73ID:DnH50G9W0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

157中の人は名無し2019/04/03(水) 05:04:52.43ID:DnH50G9W0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

158中の人は名無し2019/04/03(水) 05:05:06.98ID:DnH50G9W0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

159中の人は名無し2019/04/03(水) 05:05:19.76ID:DnH50G9W0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

160中の人は名無し2019/04/03(水) 05:06:01.42ID:DnH50G9W0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

161中の人は名無し2019/04/03(水) 05:06:31.76ID:DnH50G9W0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

162中の人は名無し2019/04/03(水) 05:06:50.98ID:DnH50G9W0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

163中の人は名無し2019/04/03(水) 05:07:04.20ID:DnH50G9W0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

164中の人は名無し2019/04/03(水) 05:07:25.26ID:DnH50G9W0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

165中の人は名無し2019/04/03(水) 05:07:42.45ID:DnH50G9W0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

166中の人は名無し2019/04/03(水) 05:08:03.73ID:DnH50G9W0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

167中の人は名無し2019/04/03(水) 05:08:22.17ID:DnH50G9W0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

168中の人は名無し2019/04/03(水) 05:08:37.63ID:DnH50G9W0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

169中の人は名無し2019/04/03(水) 05:08:54.94ID:DnH50G9W0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

170中の人は名無し2019/04/06(土) 09:54:34.64ID:lOzptcoJ0
− 2018年 ブラックリスト年間MVP −

【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】@kawagoeairlines @mayukiehiro4989 ローアン盗撮、セクハラ、付きまとい、暴言
そして自分に不利な書き込みがあると自演や話題逸しでリストから消そうとする。名誉毀損と警察に駆け込むのが得意。2017年アニメジャパン
で松岡奈々のローアン囲みをスタッフに注意され逆切れ、同じ運営がスタッフを務めるゲームショウで撮影制限されるきっかけになった。
さらに「ハイエースを企む」という言葉でかみてゃん(レイヤー)を恐怖に落としめたり、小鳥遊姫に対するリベンジポルノ、松岡奈々への殺害予告、
その他、一条鞠乃、小湊れいあ、ゼラチン、姫宮バンビ、ユリコタイガーなどとトラブルを起こす

★★★★★ランク
【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】悪行多数、専スレ参照


− 現在書込みできる かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)さんの専スレ −

カメコ☆ブラックリスト☆ファイル54
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1553809583/l50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1553809583/4
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1553809583/10
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1553809583/16

カメコ☆ブラックリスト☆ファイル50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/88-90

ホワイトカメラマンかしおさん。
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1526812315/l50

悪質カメコ冤罪事件:ID:PU2AzBVI
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1522558869/l50

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺 PART2(←馬鹿塩が立てた自演用スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1546339630/l50
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1546873931/l50

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤー(←松岡奈々の本スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤーw(←馬鹿塩の犯罪歴)
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1487135632/96-97

※ほかの板も含めて、モレがあったら、どんどん加筆してください。


.

171中の人は名無し2019/04/11(木) 16:12:50.81ID:MGlcvnpI0
松岡奈々
https://i.imgur.com/zdnTMd4.jpg
オナホではなく松岡奈々さんのま〇こに挿れたい・・・
https://i.imgur.com/bj1eFMj.jpg
今日も松岡奈々さんで妄想してオナニー
松岡奈々さんとセックスしたい・・・

松岡奈々に騎乗位してもらいたい・・・ 松岡奈々「このまま挿れるね」僕「はい」
松岡奈々「あ〜入った・・・動くね。あっ、はぁ、はぁ・・・」僕「気持ちイイ」
松岡奈々「はぁ、はあ、はぁ・・・」僕「でちゃう」
松岡奈々「でちゃう?いっぱ出して・・・」僕「出る!!!」
松岡奈々「このまま出して・・・」
イク、イク、イク、イク、イクッ!!
あっ!出るッ! あ、あ、あっ!
ドピュッ ドクドク

172中の人は名無し2019/04/13(土) 01:15:15.06ID:zHeawR3d0
あけ゛

173中の人は名無し2019/04/16(火) 03:41:38.34ID:OmyyOT/c0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

174中の人は名無し2019/04/16(火) 03:41:53.14ID:OmyyOT/c0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

175中の人は名無し2019/04/16(火) 03:42:09.65ID:OmyyOT/c0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

176中の人は名無し2019/04/16(火) 03:42:24.77ID:OmyyOT/c0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

177中の人は名無し2019/04/16(火) 03:42:53.94ID:OmyyOT/c0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

178中の人は名無し2019/04/16(火) 03:43:09.98ID:OmyyOT/c0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

179中の人は名無し2019/04/16(火) 03:43:24.74ID:OmyyOT/c0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

180中の人は名無し2019/04/16(火) 03:43:39.39ID:OmyyOT/c0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

181中の人は名無し2019/04/16(火) 03:43:53.93ID:OmyyOT/c0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

182中の人は名無し2019/04/16(火) 03:44:10.60ID:OmyyOT/c0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

183中の人は名無し2019/04/16(火) 03:44:31.11ID:OmyyOT/c0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

184中の人は名無し2019/04/16(火) 03:44:46.37ID:OmyyOT/c0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

185中の人は名無し2019/04/16(火) 03:45:01.47ID:OmyyOT/c0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

186中の人は名無し2019/04/16(火) 03:45:19.59ID:OmyyOT/c0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

187中の人は名無し2019/04/16(火) 03:45:35.01ID:OmyyOT/c0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

188中の人は名無し2019/04/16(火) 03:45:50.77ID:OmyyOT/c0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

189中の人は名無し2019/04/16(火) 03:46:08.67ID:OmyyOT/c0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

190中の人は名無し2019/04/17(水) 07:53:15.48ID:FDBHxw2B0
− 2018年 ブラックリスト年間MVP −

【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】@kawagoeairlines @mayukiehiro4989 ローアン盗撮、セクハラ、付きまとい、暴言
そして自分に不利な書き込みがあると自演や話題逸しでリストから消そうとする。名誉毀損と警察に駆け込むのが得意。2017年アニメジャパン
で松岡奈々のローアン囲みをスタッフに注意され逆切れ、同じ運営がスタッフを務めるゲームショウで撮影制限されるきっかけになった。
さらに「ハイエースを企む」という言葉でかみてゃん(レイヤー)を恐怖に落としめたり、小鳥遊姫に対するリベンジポルノ、松岡奈々への殺害予告、
その他、一条鞠乃、小湊れいあ、ゼラチン、姫宮バンビ、ユリコタイガーなどとトラブルを起こす

★★★★★ランク
【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】悪行多数、専スレ参照


− 現在書込みできる かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)さんの専スレ −

カメコ☆ブラックリスト☆ファイル55
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1555318610/l50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1555318610/4
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1555318610/10
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1555318610/16

カメコ☆ブラックリスト☆ファイル50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/88-90

ホワイトカメラマンかしおさん。
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1526812315/l50

悪質カメコ冤罪事件:ID:PU2AzBVI
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1522558869/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤー(←松岡奈々の本スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺(←終了スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺 PART2(←馬鹿塩が立てた自演用スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1546339630/l50
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1546873931/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤーw(←馬鹿塩の犯罪歴)
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1487135632/96-97

※ほかの板も含めて、モレがあったら、どんどん加筆してください。


.

191中の人は名無し2019/04/17(水) 08:40:09.15ID:aV88fzjU0
松岡奈々
https://i.imgur.com/we43hfD.jpg
松岡奈々さんのま〇こで逝きたい
https://i.imgur.com/n6Jb4LI.jpg
松岡奈々シコシコ
https://i.imgur.com/rTdVVKT.jpg

奈々のま〇こにち〇こぶち込みたい

192中の人は名無し2019/04/26(金) 14:37:53.62ID:/ut7+uXG0
松岡奈々さんとセックスがしたい

193中の人は名無し2019/05/01(水) 17:18:33.42ID:iWj4dRRMH0501
バかしおゆうたは親に数百万円の借金こさえて、返しもしない上に家族親族の恥さらしな30過ぎのバカ男が、
ゴールドカードだ、社会的地位だ、今彼女がどーだ、今さら偉そうな事ほざいてんな。
車1台買えない、家賃も払えず親に泣きつくバカのくせに…超絶…気味悪いわ。

バかしおゆうた。お前のしてる事は、全部とあるルートから筒抜けなんだよバカ。
クソ恥さらし。いい加減過去の女に執着してぐちゃぐちゃ言ってるのも、女々しさアピールだし。

社会的地位あるいい男を名乗りたいなら、いっぺん地元帰って親御さんに頭下げてみろ。
出来もしないくせに、偉そうなことほざくな。

194中の人は名無し2019/05/06(月) 03:57:09.04ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

195中の人は名無し2019/05/06(月) 03:57:49.37ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

196中の人は名無し2019/05/06(月) 03:58:23.22ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

197中の人は名無し2019/05/06(月) 03:58:46.28ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

198中の人は名無し2019/05/06(月) 03:59:11.77ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

199中の人は名無し2019/05/06(月) 03:59:36.39ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

200中の人は名無し2019/05/06(月) 04:00:03.19ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

201中の人は名無し2019/05/06(月) 04:00:28.96ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

202中の人は名無し2019/05/06(月) 04:01:05.53ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

203中の人は名無し2019/05/06(月) 04:01:21.08ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

204中の人は名無し2019/05/06(月) 04:01:39.95ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

205中の人は名無し2019/05/06(月) 04:02:02.36ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

206中の人は名無し2019/05/06(月) 04:02:18.84ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

207中の人は名無し2019/05/06(月) 04:02:39.56ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

208中の人は名無し2019/05/06(月) 04:03:05.82ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

209中の人は名無し2019/05/06(月) 04:03:21.10ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

210中の人は名無し2019/05/06(月) 04:03:38.15ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

211中の人は名無し2019/05/06(月) 04:03:54.77ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

212中の人は名無し2019/05/06(月) 04:04:26.59ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

213中の人は名無し2019/05/06(月) 04:04:44.12ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

214中の人は名無し2019/05/06(月) 04:05:00.65ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

215中の人は名無し2019/05/06(月) 04:05:27.62ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

216中の人は名無し2019/05/06(月) 04:05:51.33ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

217中の人は名無し2019/05/06(月) 04:06:11.65ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

218中の人は名無し2019/05/06(月) 04:06:30.13ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

219中の人は名無し2019/05/06(月) 04:06:48.82ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

220中の人は名無し2019/05/06(月) 04:07:08.23ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

221中の人は名無し2019/05/06(月) 04:07:23.68ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

222中の人は名無し2019/05/06(月) 04:07:45.17ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

223中の人は名無し2019/05/06(月) 04:08:08.25ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

224中の人は名無し2019/05/06(月) 04:08:29.88ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

225中の人は名無し2019/05/06(月) 04:08:59.92ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

226中の人は名無し2019/05/06(月) 04:09:15.95ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

227中の人は名無し2019/05/06(月) 04:09:33.24ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

228中の人は名無し2019/05/06(月) 04:09:51.02ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

229中の人は名無し2019/05/06(月) 04:10:07.47ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

230中の人は名無し2019/05/06(月) 04:10:27.95ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

231中の人は名無し2019/05/06(月) 04:10:49.74ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

232中の人は名無し2019/05/06(月) 04:11:03.96ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

233中の人は名無し2019/05/06(月) 04:11:45.63ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

234中の人は名無し2019/05/06(月) 04:11:57.60ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

235中の人は名無し2019/05/06(月) 04:12:15.97ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

236中の人は名無し2019/05/06(月) 04:12:31.32ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

237中の人は名無し2019/05/06(月) 04:12:46.24ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

238中の人は名無し2019/05/06(月) 04:13:03.35ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

239中の人は名無し2019/05/06(月) 04:13:20.25ID:06Rp2JRE0
 
 
■ 重複スレのため 使用禁止 ■

【本スレ】
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50
 
 

240中の人は名無し2019/05/07(火) 02:08:48.41ID:uGG18zN10
− 2018年 ブラックリスト年間MVP −

【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】@kawagoeairlines @mayukiehiro4989 ローアン盗撮、セクハラ、付きまとい、暴言
そして自分に不利な書き込みがあると自演や話題逸しでリストから消そうとする。名誉毀損と警察に駆け込むのが得意。2017年アニメジャパン
で松岡奈々のローアン囲みをスタッフに注意され逆切れ、同じ運営がスタッフを務めるゲームショウで撮影制限されるきっかけになった。
さらに「ハイエースを企む」という言葉でかみてゃん(レイヤー)を恐怖に落としめたり、小鳥遊姫に対するリベンジポルノ、松岡奈々への殺害予告、
その他、一条鞠乃、小湊れいあ、ゼラチン、姫宮バンビ、ユリコタイガーなどとトラブルを起こす

★★★★★ランク
【105:かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)】悪行多数、専スレ参照


− 現在書込みできる かしおゆうた(現在:徳大寺明.以前:St.Nicolas.)さんの専スレ −

カメコ☆ブラックリスト☆ファイル56
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1556631747/l50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1556631747/4
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1556631747/10
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1556631747/16

カメコ☆ブラックリスト☆ファイル50
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1541867237/88-90

ホワイトカメラマンかしおさん。
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1526812315/l50

悪質カメコ冤罪事件:ID:PU2AzBVI
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/cosp/1522558869/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤー(←松岡奈々の本スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514869474/l50

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺(←終了スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1514015464/

松岡奈々とかかしおゆうたとかそこら辺 PART2(←馬鹿塩が立てた自演用スレ)
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1546339630/l50
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1546873931/l50

松岡奈々とかいうコスプレイヤーw(←馬鹿塩の犯罪歴)
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/cosplayer/1487135632/96-97

※ほかの板も含めて、モレがあったら、どんどん加筆してください。


.

241中の人は名無し2019/05/17(金) 14:24:18.51ID:Rr3mqaDN0
奈々さんとセックスしたい

242中の人は名無し2019/05/20(月) 01:06:11.62ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

243中の人は名無し2019/05/20(月) 01:06:30.80ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

244中の人は名無し2019/05/20(月) 01:06:45.17ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

245中の人は名無し2019/05/20(月) 01:06:59.82ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

246中の人は名無し2019/05/20(月) 01:07:15.01ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

247中の人は名無し2019/05/20(月) 01:07:29.88ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

248中の人は名無し2019/05/20(月) 01:07:44.91ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

249中の人は名無し2019/05/20(月) 01:07:59.57ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

250中の人は名無し2019/05/20(月) 01:08:14.72ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

251中の人は名無し2019/05/20(月) 01:08:44.51ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

252中の人は名無し2019/05/20(月) 01:08:59.59ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

253中の人は名無し2019/05/20(月) 01:09:14.60ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

254中の人は名無し2019/05/20(月) 01:09:30.31ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

255中の人は名無し2019/05/20(月) 01:09:59.49ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

256中の人は名無し2019/05/20(月) 01:10:14.70ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

257中の人は名無し2019/05/20(月) 01:10:30.10ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

258中の人は名無し2019/05/20(月) 01:10:44.70ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

259中の人は名無し2019/05/20(月) 01:10:59.55ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

260中の人は名無し2019/05/20(月) 01:11:14.56ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

261中の人は名無し2019/05/20(月) 01:11:30.17ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

262中の人は名無し2019/05/20(月) 01:11:44.46ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

263中の人は名無し2019/05/20(月) 01:11:59.84ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

264中の人は名無し2019/05/20(月) 01:12:14.64ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

265中の人は名無し2019/05/20(月) 01:12:29.89ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

266中の人は名無し2019/05/20(月) 01:12:44.69ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

267中の人は名無し2019/05/20(月) 01:12:59.52ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

268中の人は名無し2019/05/20(月) 01:13:14.65ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

269中の人は名無し2019/05/20(月) 01:13:30.11ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

270中の人は名無し2019/05/20(月) 01:13:44.79ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

271中の人は名無し2019/05/20(月) 01:14:14.95ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

272中の人は名無し2019/05/20(月) 01:14:29.71ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

273中の人は名無し2019/05/20(月) 01:14:44.95ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

274中の人は名無し2019/05/20(月) 01:14:59.56ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

275中の人は名無し2019/05/20(月) 01:15:14.95ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

276中の人は名無し2019/05/20(月) 01:15:30.31ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

277中の人は名無し2019/05/20(月) 01:15:45.09ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

278中の人は名無し2019/05/20(月) 01:15:59.80ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

279中の人は名無し2019/05/20(月) 01:16:31.11ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

280中の人は名無し2019/05/20(月) 01:16:46.84ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

281中の人は名無し2019/05/20(月) 01:17:14.84ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

282中の人は名無し2019/05/20(月) 01:17:40.09ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

283中の人は名無し2019/05/20(月) 01:18:15.03ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

284中の人は名無し2019/05/20(月) 01:18:29.77ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

285中の人は名無し2019/05/20(月) 01:18:47.10ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

286中の人は名無し2019/05/20(月) 01:19:00.30ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

287中の人は名無し2019/05/20(月) 01:19:20.91ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

288中の人は名無し2019/05/20(月) 01:19:35.89ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

289中の人は名無し2019/05/20(月) 01:19:51.79ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

290中の人は名無し2019/05/20(月) 01:20:08.32ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

291中の人は名無し2019/05/20(月) 01:20:24.70ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

292中の人は名無し2019/05/20(月) 01:20:39.64ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

293中の人は名無し2019/05/20(月) 01:20:54.83ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

294中の人は名無し2019/05/20(月) 01:21:10.25ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

295中の人は名無し2019/05/20(月) 01:21:25.85ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

296中の人は名無し2019/05/20(月) 01:21:41.70ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

297中の人は名無し2019/05/20(月) 01:21:58.32ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

298中の人は名無し2019/05/20(月) 01:22:14.68ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

299中の人は名無し2019/05/20(月) 01:22:29.80ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

300中の人は名無し2019/05/20(月) 01:22:44.46ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

301中の人は名無し2019/05/20(月) 01:22:59.04ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

302中の人は名無し2019/05/20(月) 01:23:14.88ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

303中の人は名無し2019/05/20(月) 01:23:30.25ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

304中の人は名無し2019/05/20(月) 01:23:44.50ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

305中の人は名無し2019/05/20(月) 01:23:59.49ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

306中の人は名無し2019/05/20(月) 01:24:14.76ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

307中の人は名無し2019/05/20(月) 01:24:29.67ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

308中の人は名無し2019/05/20(月) 01:24:44.40ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

309中の人は名無し2019/05/20(月) 01:24:59.52ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

310中の人は名無し2019/05/20(月) 01:25:14.36ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

311中の人は名無し2019/05/20(月) 01:25:30.12ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

312中の人は名無し2019/05/20(月) 01:25:44.59ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

313中の人は名無し2019/05/20(月) 01:25:59.76ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

314中の人は名無し2019/05/20(月) 01:26:14.77ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

315中の人は名無し2019/05/20(月) 01:26:29.62ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

316中の人は名無し2019/05/20(月) 01:26:44.42ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

317中の人は名無し2019/05/20(月) 01:26:59.68ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

318中の人は名無し2019/05/20(月) 01:27:14.80ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

319中の人は名無し2019/05/20(月) 01:27:29.76ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

320中の人は名無し2019/05/20(月) 01:27:44.54ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

321中の人は名無し2019/05/20(月) 01:27:59.62ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

322中の人は名無し2019/05/20(月) 01:28:14.78ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

323中の人は名無し2019/05/20(月) 01:28:45.03ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

324中の人は名無し2019/05/20(月) 01:29:01.27ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

325中の人は名無し2019/05/20(月) 01:29:19.39ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

326中の人は名無し2019/05/20(月) 01:29:35.48ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

327中の人は名無し2019/05/20(月) 01:29:50.51ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

328中の人は名無し2019/05/20(月) 01:30:09.92ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

329中の人は名無し2019/05/20(月) 01:30:44.46ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

330中の人は名無し2019/05/20(月) 01:30:59.01ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

331中の人は名無し2019/05/20(月) 01:31:14.58ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

332中の人は名無し2019/05/20(月) 01:31:29.44ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

333中の人は名無し2019/05/20(月) 01:31:49.44ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

334中の人は名無し2019/05/20(月) 01:32:05.88ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

335中の人は名無し2019/05/20(月) 01:32:21.94ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

336中の人は名無し2019/05/20(月) 01:32:37.74ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

337中の人は名無し2019/05/20(月) 01:32:54.12ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

338中の人は名無し2019/05/20(月) 01:32:54.38ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

339中の人は名無し2019/05/20(月) 01:33:09.83ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

340中の人は名無し2019/05/20(月) 01:33:25.74ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

341中の人は名無し2019/05/20(月) 01:33:41.95ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

342中の人は名無し2019/05/20(月) 01:33:42.19ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

343中の人は名無し2019/05/20(月) 01:33:58.46ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

344中の人は名無し2019/05/20(月) 01:33:58.11ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

345中の人は名無し2019/05/20(月) 01:34:14.12ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

346中の人は名無し2019/05/20(月) 01:34:14.24ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

347中の人は名無し2019/05/20(月) 01:34:29.70ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

348中の人は名無し2019/05/20(月) 01:34:29.92ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

349中の人は名無し2019/05/20(月) 01:34:46.13ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

350中の人は名無し2019/05/20(月) 01:34:45.89ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

351中の人は名無し2019/05/20(月) 01:35:02.22ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

352中の人は名無し2019/05/20(月) 01:35:18.70ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

353中の人は名無し2019/05/20(月) 01:35:34.72ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

354中の人は名無し2019/05/20(月) 01:35:50.35ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

355中の人は名無し2019/05/20(月) 01:36:05.81ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

356中の人は名無し2019/05/20(月) 01:36:05.94ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

357中の人は名無し2019/05/20(月) 01:36:22.04ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

358中の人は名無し2019/05/20(月) 01:36:38.07ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

359中の人は名無し2019/05/20(月) 01:36:54.07ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

360中の人は名無し2019/05/20(月) 01:37:09.97ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

361中の人は名無し2019/05/20(月) 01:37:25.84ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

362中の人は名無し2019/05/20(月) 01:37:26.12ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

363中の人は名無し2019/05/20(月) 01:37:41.79ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

364中の人は名無し2019/05/20(月) 01:37:41.93ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

365中の人は名無し2019/05/20(月) 01:37:59.61ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

366中の人は名無し2019/05/20(月) 01:37:59.49ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

367中の人は名無し2019/05/20(月) 01:38:14.89ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

368中の人は名無し2019/05/20(月) 01:38:15.04ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

369中の人は名無し2019/05/20(月) 01:38:30.40ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

370中の人は名無し2019/05/20(月) 01:38:46.42ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

371中の人は名無し2019/05/20(月) 01:39:02.99ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

372中の人は名無し2019/05/20(月) 01:39:03.01ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

373中の人は名無し2019/05/20(月) 01:39:18.93ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

374中の人は名無し2019/05/20(月) 01:39:19.07ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

375中の人は名無し2019/05/20(月) 01:39:34.95ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

376中の人は名無し2019/05/20(月) 01:39:35.07ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

377中の人は名無し2019/05/20(月) 01:39:50.70ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

378中の人は名無し2019/05/20(月) 01:39:50.35ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

379中の人は名無し2019/05/20(月) 01:40:07.18ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

380中の人は名無し2019/05/20(月) 01:40:23.37ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

381中の人は名無し2019/05/20(月) 01:40:39.33ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

382中の人は名無し2019/05/20(月) 01:40:54.23ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

383中の人は名無し2019/05/20(月) 01:41:10.57ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

384中の人は名無し2019/05/20(月) 01:41:10.85ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

385中の人は名無し2019/05/20(月) 01:41:26.94ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

386中の人は名無し2019/05/20(月) 01:41:27.18ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

387中の人は名無し2019/05/20(月) 01:41:58.89ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

388中の人は名無し2019/05/20(月) 01:41:59.02ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

389中の人は名無し2019/05/20(月) 01:42:15.15ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

390中の人は名無し2019/05/20(月) 01:42:15.27ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

391中の人は名無し2019/05/20(月) 01:42:31.25ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

392中の人は名無し2019/05/20(月) 01:42:31.38ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

393中の人は名無し2019/05/20(月) 01:42:47.97ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

394中の人は名無し2019/05/20(月) 01:42:48.02ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

395中の人は名無し2019/05/20(月) 01:43:07.02ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

396中の人は名無し2019/05/20(月) 01:43:07.26ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

397中の人は名無し2019/05/20(月) 01:43:25.72ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

398中の人は名無し2019/05/20(月) 01:43:25.85ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

399中の人は名無し2019/05/20(月) 01:43:43.98ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

400中の人は名無し2019/05/20(月) 01:43:59.89ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

401中の人は名無し2019/05/20(月) 01:44:32.29ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

402中の人は名無し2019/05/20(月) 01:44:32.40ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

403中の人は名無し2019/05/20(月) 01:44:48.14ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

404中の人は名無し2019/05/20(月) 01:44:48.41ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

405中の人は名無し2019/05/20(月) 01:45:04.96ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

406中の人は名無し2019/05/20(月) 01:45:05.18ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

407中の人は名無し2019/05/20(月) 01:45:20.88ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

408中の人は名無し2019/05/20(月) 01:45:21.10ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

409中の人は名無し2019/05/20(月) 01:45:36.64ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

410中の人は名無し2019/05/20(月) 01:45:36.77ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

411中の人は名無し2019/05/20(月) 01:45:53.30ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

412中の人は名無し2019/05/20(月) 01:45:53.08ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

413中の人は名無し2019/05/20(月) 01:46:09.03ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

414中の人は名無し2019/05/20(月) 01:46:25.32ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

415中の人は名無し2019/05/20(月) 01:46:56.37ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

416中の人は名無し2019/05/20(月) 01:46:56.45ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

417中の人は名無し2019/05/20(月) 01:47:12.26ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

418中の人は名無し2019/05/20(月) 01:47:12.49ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

419中の人は名無し2019/05/20(月) 01:47:29.10ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

420中の人は名無し2019/05/20(月) 01:47:44.75ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

421中の人は名無し2019/05/20(月) 01:48:00.00ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

422中の人は名無し2019/05/20(月) 01:48:16.23ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

423中の人は名無し2019/05/20(月) 01:48:31.64ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

424中の人は名無し2019/05/20(月) 01:48:31.72ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

425中の人は名無し2019/05/20(月) 01:48:49.19ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

426中の人は名無し2019/05/20(月) 01:48:48.99ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

427中の人は名無し2019/05/20(月) 01:49:04.97ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

428中の人は名無し2019/05/20(月) 01:49:05.09ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

429中の人は名無し2019/05/20(月) 01:49:21.17ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

430中の人は名無し2019/05/20(月) 01:49:37.10ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

431中の人は名無し2019/05/20(月) 01:50:05.05ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

432中の人は名無し2019/05/20(月) 01:50:21.45ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

433中の人は名無し2019/05/20(月) 01:50:37.87ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

434中の人は名無し2019/05/20(月) 01:50:38.11ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

435中の人は名無し2019/05/20(月) 01:50:55.15ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は
人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に
精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。歴史 心の病という
概念自体は古くから存在しており、日本でも空海が『十住心論』において「心病」の概念を語っている。定義 口語的には mental illness(心の病)である。
世界保健機関(WHO)は、学術用語には mental disorder(精神障害)が採用されている。disorder(障害)の語は、disease(疾患・疾病)より軽い失調
状態を意味している。disability(障害)とは異なる。精神障害とは苦悩や異常を伴う心理的症候群または行動様式である。『ヒルガードの心理学』第15版
では、「心理障害」の章にてこう説明される。異常が、標準から離れているという意味であり、その基準は、社会的な標準からの逸脱ではなく、多くの社会
科学者が考えるように個人や社会集団の幸福への影響が基準である。つまり、はたからみての振る舞いではなくて、当人が苦痛を感じているかどうかによって、
不適応行動の障害の異常性があるとみなされる。2011年の『現代精神医学事典』には、国際的な分類にて障害と呼ばれており、病態の解明によって疾患の語
に変わってくる可能性は高いが、疾患の場合には、病因、病態、予後など、一つのまとまった病気の単位として見なされる必要がある。症状を基準にした診
断の前提にあるのは、各診断が独立していないということであり、一つの病因によって複数の診断がつく可能性がある。精神障害は、世界保健機関 (WHO)
による国際的な疾患分類の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における「精神および行動の障害」や、アメリカ精神医学会による
『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)において、網羅的に分類されている。世界保健機関 1938年、国際死因分類(ICD)の第5版で mental disorder
がリストに加えられた。1948年、国際疾病分類(ICD)に改称された第6版で mental disorder の節が設けられた。世界保健機関 (WHO) による国際的な疾患
分類のICD-10(『疾病及び関連保健

436中の人は名無し2019/05/20(月) 01:51:11.15ID:vuCjCTAF0
精神障害(せいしんしょうがい: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。
世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、
死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。
従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や
双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。
知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の
精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児に
おいては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では
精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、
また脳損傷(英語版)など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状で
あると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また
精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。
決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。
つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な
出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先